医療法人社団 鈴峰今中医院

広島市西区の内科・小児科・婦人科・産科クリニック。鈴峰今中医院です。

TEL.082-277-1223

〒733-0842 広島市西区井口4-2-31

脂質代謝

FAQ

脂質代謝

Q.HRTは脂質代謝に効果がありますか?

A.

閉経すると、内臓脂肪型の肥満が増加するとされています。

原因は色々と考えれれますが、食事摂取量の増加、体を動かす機会の減少に伴うエネルギー消費の減少、また卵胞ホルモン(女性ホルモン)の欠乏自体が内臓脂肪の増加につながるとの考えもあります。

HRTにより体重の変化は認められませんが、この閉経による内臓脂肪型の肥満が抑制されます。

閉経を迎えると、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が増加し、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が減少して高コレステロール血症となります。

さらには、中性脂肪も上昇するとされています。

その結果、心筋梗塞などの心血管疾患が増加します。

HRTによりLDLコレステロールが低下しHDLコレステロールが増加することにより、高コレステロール血症が改善されます。

このことより心血管系の疾患の発生を減少させると予測されます。

ところが、WHI試験の結果で心血管障害の発生を予防する効果が示されなかったことより、 高脂血症の治療目的でHRTを行うべきではないと考えます。

また、結合型エストロゲンは中性脂肪を増加させ、中性脂肪の増加は小型のLDLを産生し動脈硬化に促進的に作用します。

経皮吸収剤には中性脂肪を増加させる作用がありませんので、動脈硬化のことを考慮した場合には経皮吸収型エストロゲン製剤の使用が望ましいと考えます。

« »