本文へスキップ
ふう

広島市西区の内科・産婦人科クリニック。鈴峰今中医院です。

電話でのお問い合わせはTEL.082-277-1223

〒733-0842 広島市西区井口4丁目2番31号

ブログBlog

院長のひとりごと


2018.09.16 おぎゃー献金贈呈式
2018.09.08 風しんについて 
2018.09.03  人を 叱る時の4つの心得
2018.06.20  夕焼け
2018.05.17 西城秀樹さん 
2018.04.24  フルスイング
2018.02.10  10万個の子宮
2018.01.20 HPVワクチンに関する情報提供 
2018.01.01  謹賀新年 
2017.12.15 ジョン・マドックス賞
2017.12.14 産婦人科医不足
2014.12.14 ハイドロカルチャーシリーズ終了
2017.12.14 オリヅルラン
2017.12.14  パキラ
2017.12.13 ヒポエステス
2017.12.12 シェフレラ
2017.12.11  HPVワクチン接種の早期の勧奨再開を強く求める声明
2017.12.10 サンデリアナ
2017.12.09 ピレア
2017.12.08 ハイドロカルチャー 
2017.12.06 アグラオネマ 
2017.11.24 暖炉
2017.07.22 広島みなと夢花火大会
2017.06.22 マリホ水族館プレオープン
2017.05.26 新生児里親委託 
2017.05.07 広島ドラゴンフライズ プレーオフ進出
2017.04.30 チューリップ祭り 
2017.01.25 県民公開セミナー
2017.01.15  積雪 
2017.01.01 謹賀新年 
2016.12.13 HPVワクチン
2016.12.02 神っとる! 
2016.11.29 久々の更新 
2016.0.15 セントラル・リーグ優勝セレモニー
2016.09.10 カープ優勝!
2015.08.06 原爆の日 
2015.07.18 第38回性教育指導セミナー全国大会県民公開講座
2015.02.14 感謝
2015.01.15  マンモグラフィ診断支援システム
2015.01.03 謹賀新年
2014.09.08 中秋の名月
2014.07.26 広島みなと 夢 花火大会 
2014.06.19 カープ3連勝 
2014.05.20 還暦 
2014.03.14 安全管理 
2013.09.21 黙祷
Top

おぎゃー献金贈呈式

おぎゃー献金贈呈式に出席してきました。
園児たちの可愛い、嬉しい笑顔が素敵でした。
おぎゃー献金について、初めて知る人もいると思います。
詳しくは公益財団法人日母おぎゃー献金基金ホームページをご覧ください。
ご協力をよろしくお願いいたします。
 2018年9月16日


おぎゃー献金贈呈式挨拶

Top

風しんについて

先日、風しんについて中国新聞から取材を受け、本日、新聞に記事が出ました。
最近、風しんが流行しており、先天性風しん症候群の発生が危惧されています。
妊娠を希望する女性はもちろんですが、家族(主として夫)内や職場内で感染を受けることが多いため、家族や職場全体で感染を防御する必要があります。
よくある質問ページ産科Q&AのQ19.風しんについてにおいても記載しています。
 2018年9月8日

中国新聞の記事

Top

人を叱る時の4つの心得

最近、人の指導についてこんな指導法でよいものなのかと疑問を抱くことがありました。
京都大学iPS研究所所長の山中信也教授が、2016年10月に亡くなられた親友である平尾誠二さんに送った弔辞に素敵な言葉がありました。
平尾誠二さんの人を叱る時の4つの心得
1)プレー(行動)は叱っても人格は責めない
2)あとで必ずフォローする
3)他人と比較しない
4)長時間叱らない
平尾誠二さんのような素敵なリーダーに指導を受け、一緒に働けた仲間は本当に幸せと思います。
上の4つは誰もが起こしやすい行動ですが、4つ全部に当てはまる指導を受けるとさすがに人間としての尊厳が失われます。
「怒る」のではなく「叱る」。大事なことですね。
 2018年9月3日
Top

夕焼け

梅雨の合間の夕焼け、奇麗でした。
6月18日には震度6弱の大阪北部地震が発生しました。
被害に遭われた方々に心からお悔やみ申し上げます。
自然の力は奇麗な姿を見せてくれることもありますが、容赦ない姿を現すこともありますね。

 2018年6月20日
Top

西城秀樹さん

西城秀樹さんが63歳で死去されました。
私と同い年で広島市出身の方です。
脳梗塞発症後も懸命にリハビリをされ、歌手生活を送っていた姿が忘れられません。
最後まで一生懸命生きることは大事ですね。
衣笠祥雄さん、西城秀樹さんと広島にゆかりの方々が逝去され、寂しいです。
特に西城秀樹さんは同い年ということもあり、人生について考えさせられます。
 2018年5月17日
Top

フルスイング

僕が大切にしているユニホームです。
本日、衣笠祥雄さんが死去されました。
いつもフルスイング、デッドボールを受けても直ぐに立ち上がって笑顔で1塁に向かう姿が忘れられません。
芯の強い、心優しい選手でした。
亡くなる4日前に野球解説をされていました。
人生最後までフルスイング、、、ありがとうございました。
 2018年4月24日

Top

10万個の子宮

2017年12月15日のブログで紹介したジョン・マドックス賞受賞の村中璃子さんのノンフィクション冊子が、2018年2月9日に発売されました。
早速、購入して読みました。
今までこのブログにおいてHPVワクチンの事について触れてきましたが、改めて日本の現状を把握することができました。
この冊子は「サイエンスにもとづき、子宮頸がんワクチン問題の背景と日本社会の闇に切り込んだ、衝撃のノンフィクション。」と紹介されており、まさしく科学的根拠に基づいた知識が得られる良書です。
HPVワクチンについて知りたい方は、本書を読むことをお勧めします。
 2018年2月10日

Top

HPVワクチンに関する情報提供

2018年1月18日、厚生労働省からHPVワクチンに関する情報提供のリーフレットが出されました。
厚生労働省のホームページに掲載されています。
テレビで副反応であると報道された不随意運動は、機能性身体症状と考えられています。ワクチン接種後やケガの後などに原因不明の痛みが続いたことがかる方にこのような不随意運がおこる可能性が高いと考えれますが、ワクチン接種をしていない方にも同様の症状が一定数存在していることが明らかとなっています。
わが国では、子宮頸がんは1年間で10,000人がかかり、2700人が命を落とす重大な疾患です。
HPVワクチン接種により10万人あたり859~595人が子宮頸がんになることを回避でき、また、10万人あたり209~144人が子宮頸がんによる死亡を回避できると期待されると推計されています。
当院においても子宮頸がんにかかられた若い患者様を多数診ています。
ワクチンに限らず薬剤には必ず副反応は出ますが、利益・不利益を十分に考慮して検討してください。
 2018年1月20日
Top

謹賀新年

2018年も素晴らしい1年となりますようお祈り申し上げます。
 2018年1月1日

Top

ジョン・マドックス賞

ジョン・マドックス賞は、公益に資する正しい科学や根拠を困難や敵意に直面しながらも人々に広める努力をした人に与えられるもので、『ネイチャー』の編集長を長期間務めていたジョン・マドックス氏の功績を記念して2012年から続いている賞です。
このたび、京都大学医学研究科非常勤講師の村中璃子先生が受賞されました。先生は、子宮頸がんワクチンの有効性安全性について科学的エビデンスを積極的に発信し続けています。
この受賞をきっかけに、皆様にもう一度子宮頸がんワクチンについて考えていただければと願っています。
 2017年12月15日

子宮頸がんワクチン問題についての記事
BuzzFeed Newsの記事
東洋経済オンラインの記事
Top

産婦人科医不足

12月10日の中国新聞第1面に産婦人科医不足に伴う分娩休止の記事が掲載されました。
産婦人科医不足は深刻な問題で、勤務医の待遇改善のためにも分娩を取り扱う病院の集約化が必要となっています。
昨日は広島大学医学部産科婦人科学教室の忘年会が開催されました。
産婦人科を専攻する初期研修医の紹介がありました。医療訴訟・時間外労働等で敬遠されがちな中で、産婦人科医療を志してくれた先生方に感謝するとともに、今後の活躍を期待しています。
 2017年12月14日

中国新聞記事(2017年12月10日、中国新聞第1面)

Top

ハイドロカルチャーシリーズ終了

このたび入れたハイドロカルチャーシリーズ案内は終了です。
全ての植物が無事に育つように頑張ります。
 2017年12月14日

Top

オリヅルラン

細いグリーンに斑が入った葉が曲線を描きながら放射状に伸びるスタイリッシュな観葉植物です。
 2017年12月14日

Top

パキラ

鋭い尖った葉と 太い幹で、上に向かってぐんぐん成長する観葉植物です。
 2017年12月14日

Top

ヒポエステス

緑色の葉に赤い細かい班が入る観葉植物です。
この様子が顔にできるソバカスを連想させるので、「ソバカス ソウ」という和名でも親しまれています。
 2017年12月13日

Top

シェフレラ

葉っぱを手のひらのように広げる様子がステキな観葉植物です。
 2017年12月12日

Top

HPVワクチン接種の早期の勧奨再開を強く求める声明

2017年12月9日に日本産科婦人科学会より、HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)接種の早期の 勧奨再開を強く求める声明が発出されました。
当院でもHPVワクチン接種を受ける女性は、いなくなりました。
WHOは最新の世界各国における解析結果と科学的根拠に基づき、HPVワクチンの安全性と有効性を繰り返し確認する一方で、日本において若い女性が本来予防し得るHPV関連がんのリスクにさらされている状況を危惧し、安全で効果的なワクチンが使用されていない日本の政策決定を批判しています。
子宮頸がんは、現在、女性の74人に1人が罹患し、340人に1人が子宮頸がんで死亡しています。
科学的根拠に基づいた判断をされて、正しい理解をされることを望んでいます。
 2017年12月11日

日本産科婦人科学会声明(日本産科婦人科学会声明の全文)

Top

サンデリアナ

ストライプ模様の鮮やかな葉が美しい、 鮮やかで繊細な葉が魅力的な観葉植物です。
 2017年12月10日

Top

ピレア

卵型の葉に縦方向の葉脈が美しい植物です。
 2017年12月9日
Top

ハイドロカルチャー

今まで部屋の中に土を入れると虫がわく心配があり、衛生面から植物を置いていませんでした。
ハイドロカルチャーなら、虫がわく心配もなく清潔に育てられそうなので取り入れてみました。
先ずは、精霊が宿る木とされているガジュマル、手を広げたような小さな葉がかわいいシュガーバインから始めました。
頑張って育ててみます。
 2017年12月8日


Top

アグラオネマ

映画「レオン」で、ジャン・レノが大事に育てていた植物です。
その植物が気になっていたのですが、アグラオネマであることを知りました。
光沢のある葉に美しい班や模様が入っている観葉植物です。
珍しい品種の アグラオネマ マリア を入手しました。
レオンに負けないように育てていこうと思います。
 2017年12月6日

Top

暖炉

マンション内でも使えるエタノール暖炉を購入しました。
火を見ると、なぜか癒されて落ち着きます。
 2017年11月24日

Top

広島みなと夢花火大会

本日は広島みなと夢花火大会でした。
自宅のベランダで見ました。
終了間際に大雨となり、カープの試合も中断しました。
花火を見ると心が癒されます。
 2017年7月22日


Top

マリホ水族館プレオープン

本日がマリホ水族館のプレオープン日でした。早速、行ってきました。
泳いでいる魚たちの姿を見ると心が癒されます。
「生きている水塊」がテーマで、大人が楽しめる水族館のようです。
本日は子供たちでワイワイと賑わっていましたが、4月から10月までは午後8時まで営業しているので、今度は夜のユッタリした水族館を楽しみたいと思っています。
 2017年6月22日



Top

新生児里親委託

The Silent Scream(沈黙の叫び)というビデオをご覧になったことがありますでしょうか?
人工妊娠中絶反対の活動に向けて作成されたもので、ミスリーディングな内容と批判を受けている部分もありますが、考えさせられる部分もあります。
私自身産婦人科医として人工妊娠中絶に携わらなければならないことがあり、一生の重い宿題として悩みながら過ごしています。
万一予期せぬ妊娠で分娩しても育てることができない、でも授かった命を守ってあげたいと悩んでいる方がいらっしゃれば、里親制度により授かった大切な命を守る方法があります。
特別養子縁組として、実親の監護が著しく困難な場合に実親との関係を法律的に断ち、養父母との間に実親子と同様の関係を成立させる民法上の制度もあります。
広島県では新生児里親委託として、何らかの事情で実親が育てることができない子供を、特別養子縁組を前提として、出産直後から里親に委託する取組があります。
出産後すぐに、赤ちゃんは実親のもとではなく、里親のもとで育てられる制度です。
2017年3月20日に広島県で赤ちゃん縁組推進フォーラムが開催されました。
愛知県でこの取り組みをされている萬屋育子氏が話をされ、多数の里親希望のご夫婦が参加され熱心に聞いておられました。
妊娠したのだけれど育てることができない、でもせっかく授かった命を大事に守ってあげたいとお悩みの方は是非ご相談ください。
 2017年5月26日

Top

広島ドラゴンフライズ プレーオフ進出!

本日がB2リーグのレギュラーシーズン最終戦。
プレーオフをかけての大一番の応援に行ってきました。
見事に111-77で勝利!!!いよいよB1昇格をかけてのプレーオフに進出です。
5月13日、14日の島根スサノオマジック戦に2勝すれば、B1昇格です。
 2017年5月7日


Top

チューリップ祭り

世羅高原農場のチューリップ祭りに行ってきました。
「花はみんなをしあわせにする」でした。
 2017年4月30日

Top

県民公開セミナー

女性の健康週間の事業で、県民公開セミナーを開催します。
今年度は初めての試みとして、おぎゃー献金合奏団による素敵なコンサートを企画しました。
素晴らしい音色で心の洗濯をした後で、女性の健康管理について一緒に考えてみませんか?
 2017年1月25日

Top

積雪

広島にも寒波が襲来し、久しぶりに市内でも積雪しました。
本日はセンター試験2日目で、広島の会場では試験開始時間を遅らせていました。
受験生やご家族の皆様は、大変心労したことと思います。
また各地で交通事故が発生しています。
足元や道路凍結に十分注意してお過ごしください。
私自身は、本日は一歩も自宅から出ずにいました。
 2017年1月15日

Top

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
 2017年1月1日

Top

HPVワクチン

2016年11月24日に厚生労働省から見解が出されました。http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/tp161124.html2016年3月16日に発表された池田班の結果に関する見解です。
2016年3月の発表時はメディアから、「子宮頸がんワクチンを打ったマウスの脳だけに神経細胞を攻撃する抗体が作られた」、「子宮頸がんワクチン・国研究班『脳に障害』」などの報道がなされましたが、根拠のないことが判明しました。
今回の「厚生労働省としては、厚生労働科学研究費補助金という国の研究費を用いて科学的観点から安全・安心な国民生活を実現するために、池田班へ研究費を補助しましたが、池田氏の不適切な発表により、国民に対して誤解を招く事態となったことについての池田氏の社会的責任は大きく、大変遺憾に思っております。
また、厚生労働省は、この度の池田班の研究結果では、HPVワクチン接種後に生じた症状がHPVワクチンによって生じたかどうかについては何も証明されていない、と考えております。」との見解に対してメディアがどのように反応するか注視していました。
残念ながら、この見解に対する報道は無いようです。
報道がない限り、この見解を知る国民の皆様は少ないように思います。
WHO(世界保健機関)では本ワクチンの接種を強く推奨しています。
現状のままでは、10年、20年後に世界の中で日本だけが若い女性が子宮頸癌で命を落とす国になりかねないかもしれません。
 2016年12月13日
Top

神っとる!

2016年新語・流行語大賞が「神ってる」に決まりました。
広島カープの鈴木誠也選手の活躍に因んだものです。
広島県人としては、「神ってる」より「神っとる」と言って欲しかったな・・・。
 2016年12月2日
Top

久々の更新

久々にホームページの更新を始めました。
昨年度は3回の入院生活を送り、皆様には大変ご迷惑とご心配をおかけしました。
この経験は患者様の気持ちをよく知る機会となりました。
すっかり元気になりましたので、色々な情報を発信したいと思っています。
先ずは心機一転でホームページをリニューアルしました。
徐々に充実させていきます。
 2016年11月29日
Top

セントラル・リーグ優勝セレモニー

セントラル・リーグ優勝セレモニー 本日はセントラル・リーグ優勝決定後の初めてのマツダスタジアムでの試合でした。
外野席最前列の席で観戦しました。
試合終了後にセントラル・リーグ優勝セレモニーが行われました。
球場全体が熱狂的な大盛り上がりでした。
 2016年9月15日

Top

カープ優勝!

カープ優勝! 本日は、東京に出張でした。
カープがセントラルリーグ優勝をかけて東京ドームで決戦を迎える日です。
雲の合間から富士山が顔を出し、いい予感がしました。
期待通り優勝を決めてくれました。
東京ドームには行けなかったのですが、同じ東京でこの瞬間を迎えられたことに幸せを感じています。
カープ優勝、万歳!!!
 2016年9月10日

Top

原爆の日

広島は70回目の原爆の日を迎えました。
午前8時15分の投下時間に合わせて平和記念式典が開かれました。
安倍首相をはじめ世界各国からも参列され参列国は過去最多の100か国、約5万5千人が参列されたそうです。
改めて核兵器のない世界が1日も早く実現されるよう、戦争のない平和な世界が訪れるように祈っています。
広島市内各地で平和を祈る式典や夜には被爆者慰霊のための灯篭流しも行われています。
マツダスタジアムではカープの選手が全員、背番号86・胸にはPEACE・背中にはHIROSHIMAのユニフォームを着用し、8月6日の思い、平和への思いを胸にプレイしていました。
私の父親は広島駅で被爆しており、私は被爆2世です。
被爆された方々も高齢化し直接話を聞いた被爆2世も高齢化するなかで、次の世代に引き継がれる大切さを痛感しています。
 2015年8月6日
Top

第38回性教育指導セミナー全国大会県民公開講座

平成27年7月25日(土)14:30〜17:00
広島市中区加古町のアステールプラザにおいて第38回性教育指導セミナー全国大会県民公開講座が開催されます。
思春期の子供たちの抱える問題に対してどう向き合うか、日本でのエキスパートが集合しての話を伺えるすばらしい企画です。
SNSに関わる問題など具体的なアドバイスが聞けるチャンスです。
当日受付も可能ですので、多数のご参加をお待ちしています。
 2015年7月18日

Top

感謝

本日は、バレンタインデー。
スタッフをはじめ普段からお世話になっている方々からプレゼントを頂きました。
一生懸命に選んでくださった思いが伝わり感謝でいっぱいです。
普段からお世話になっている病院の先生方からも、思いの伝わる心のこもったプレゼントをいただきました。
皆様の思いを大切にこれからも頑張ろうと思っています。
 2015年2月14日

Top

マンモグラフィ診断支援システム

マンモグラフィ診断支援システムCAD(Computer Aided Detection)を導入しました。
検出アルゴリズムにより画像を分析し病変部分が検出されることで、より見落としが防止され検出率の向上が得られます。
第2の目を得ることになり、より精度の高い診断が可能となりました。
科学技術の進歩には驚かされます。
 2015年1月15日

Top

謹賀新年

元旦は雪と曇り空のため初日の出を拝むことができませんでした。
1月3日の日の出を見ることができました、
太陽の光と青空と雪景色が見事なコントラストを描いていました。
本年も精一杯努力して地域医療に貢献できるように頑張ろうと決意しています。
 2015年1月3日

Top

立冬

立冬の日の出は神秘的な朝焼けでした。
これから本格的な寒さを迎えます。
よく妊娠中の方からインフルエンザワクチン接種の可否について質問を受けます。
妊娠中にインフルエンザに罹患すると重症化して肺炎になることがあります。
妊娠全期間を通してインフルエンザワクチン接種は可能で、妊娠週数に関係なく接種をお勧めします。
もちろん、妊娠中以外の方のワクチン接種もお勧めします。
 2014年11月7日

Top

中秋の名月

9月8日は中秋の名月でした。
広島湾も綺麗な月明かりで照らされています。
月明かりを眺めていると心が癒されます。
つい3週間前に広島で大規模土砂災害があったことが信じられないような穏やかな月明かりです。
犠牲になられた方々のご冥福と一刻も早い復興を祈っています。
 2014年9月8日

Top

原爆の日

広島に原爆が投下されて69年目の日を迎えました。
今朝の広島は大雨ですが、たくさんの人たちが平和記念式典に参列されています。
あらためて原爆で犠牲になられた方たちのご冥福をお祈りいたします。
私の父も広島駅で被爆しており、私は被爆2世です。
父は元気に過ごしていましたが、晩年は気管支喘息で苦しい思いをし喘息発作のため急逝しました。私は呼吸器に問題を抱えていませんが、父は現在の私の年齢の時には喘息で苦しんでいましたので被爆も原因の一因だったものと思います。
核兵器のない世界が一刻も早く訪れることを願っています。
 2014年8月6日
Top

広島みなと 夢 花火大会

自宅からの花火も綺麗でした。
 2014年7月26日

Top

カープ3連勝

本日広島カープの試合観戦に行ってきました.
交流戦に入り9連敗とすっかり貯金を使い果たしてしまいましたが、ようやく復調の兆しが見えて本日で3連勝となりました。あと2試合で苦しかった交流戦も終わります。
交流戦前のセリーグ戦快進撃を期待しています!
カープ初優勝の時は大学生時代で優勝決定当日に山口から広島に帰ってきました。流川で遅くまで見ず知らずの人達と優勝の興奮を分かち合って飲み歩いたことを今でも鮮明に覚えています。
もう一度カープ優勝の美酒に浸りたいと願っています。
 2014年6月19日

Top

還暦

本日、還暦を迎えました。
朝の仕事前にスタッフ全員が集まって、プレゼントしてくれました。
患者さん、スタッフのためにも、もうしばらく歳のことは忘れて頑張ろうと思います。
 2014年5月20日

Top

安全管理

本日午前2時過ぎに広島市で震度4〜5弱の地震が発生しました。
大きな被害は無かったようですが、皆様お怪我はありませんでしたでしょうか。
今まで経験した中では一番大きく揺れを感じました。3月11日の東北大震災の報道等を目にして日頃の準備や心構えが必要だと思っていましたが、わずか3日後に経験し改めて準備の必要性を痛感しました。
我が家ではベッドや本棚が横揺れで移動し、リビングのスピーカースタンドが倒れました。スピーカーが壊れるとともに床材にも大きな欠損を生じました。スタンドを非常に滑りやすい状態で設置していたので自業自得の報いでした。大切にしていたのでショックも大きいですが、怪我が無かったことを幸いに思っています。これを機会に家具類に対しての耐震設置を真剣に考えたいと思っています。
地震に限らず職場の院内でも様々な事故が起こる可能性もあります。医療安全に対する日頃からの心がけも大切です。
医療安全についてもう一度見直して改善点があれば早急に対処したいと思っています。
 2014年3月14日
Top

黙祷

昨日、親友が約1年間の闘病生活の後で人生の幕を閉じました。
入院直前まで診療をし、入院中も退院後も仕事復帰への希望を持ち続けていました。
医師として自分の病状を冷静に把握しながら、最後まで弱音や愚痴をこぼすこともなく覚悟を決めての闘病生活でした。
親友として付き合ってもらったことを誇りに思っています。
生命や人生について身をもって教えてもらいました。
彼の教えを大事にしながら、医療に携わっていこうと決意しています。
 2013年9月21日

追悼文(広島大学医学部産婦人科同門会報に寄稿)


Top

鈴峰今中医院鈴峰今中医院

〒733-0842
広島市西区井口4丁目2番31号
TEL 082-277-1223
FAX 082-277-1538