本文へスキップ

広島市西区の内科・産婦人科クリニック。医療法人社団 鈴峰今中医院です。

お問い合わせはTEL.082-277-1223

〒733-0842 広島県広島市西区井口4丁目2番31号

ブログBLOG

ブログ(院長のひとりごと)

2021.04.12  新型コロナワクチン高齢者接種
2021.04.12   Thank You!
2021.04.04  努力は必ず報われる!!!
2021.04.01   コロナ第4波
2021.03.25   世界ダウン症の日
2021.03.24   9価HPVワクチンの副反応について
2021.03.18   9価HPVワクチン全例登録
2021.03.10   新型コロナワクチン
2021.03.04   国際HPV啓発デー
2021.02.18   シルガード9の接種方法
2021.02.09   9価HPVワクチン発売決定
2021.01.25   ワクチン報道
2021.01.06   子宮頸がんで亡くなった妻の想い
2021.01.01   謹賀新年
2020.12.28   コロナ最前線
2020.12.22   ばかたれーっ!!
2020.12.15   今、妊娠中のみなさんに伝えたいこと
2020.12.11   魂の演説
2020.12.04   朝焼け
2020.12.01   ステージ2に引き上げ
2020.10.24   HPVワクチン勧奨中止で死亡4000人増
2020.10.13   HPV感染症に係る定期接種の対象者等への周知
2020.10.10   HPVワクチンで子宮頸がんの減少が実証
2020.09.23   新型コロナウイルス感染症対策
2020.08.28   HPVワクチン接種について広島市からのお知らせ
2020.08.24   花火
2020.07.22   HPV9価ワクチン承認!
2020.07.10   子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために
2020.06.25   緊急事態宣言解除
2020.04.24   アクリル板設置
2020.04.01   緊急事態宣言
2020.03.30   志村けんさん死去
2020.03.29   桜は来年も必ず帰ってくる
2020.03.23   オーバーシュート
2020.02.26   新型コロナウイルス感染症
2020.01.01   謹賀新年
 2019.12.05  化石賞
2019.11.24   ローマ教皇の広島訪問
2019.11.10   祝賀御列の儀
2019.10.20   ONE TEAM
2019.10.19   ラグビーワールドカップ準々決勝
2019.10.07  HPVワクチンについて
2019.05.22   カープ9連勝!
2019.05.01   令和元年
2019.02.12   「女性の健康週間」市民公開講座
2019.01.29   特別養子縁組
2019.01.01   謹賀新年
2018.12.31   最後まであきらめない
2018.11.05   結局、新井は凄かった
2018.10.28   日本シリーズ
2018.10.22   我が家に天使がやってきた
2018.09.16   おぎゃー献金贈呈式
2028.09.08   風疹について
2018.09.03   人を叱る時の4つの心得
2018.06.20   夕焼け
2018.05.17   西城秀樹さん
2018.04.24   フルスイング
2018.02.10   10万個の子宮
2018.01.20   HPVワクチンに関する情報提供
2018.01.01   謹賀新年
2017.12.15   ジョン・マドックス賞
2017.12.14   産婦人科医不足
2017.12.11   HPVワクチン接種の早期の勧奨再開を強く求める声明
2017.12.08  ハイドロカルチャー
2017.12.06   アグラオネマ
2017.11.24   暖炉
2017.07.22  広島みなと夢花火大会 
2017.06.22   マリホ水族館プレオープン
2017.05.26   新生児里親委託
2017.05.07   広島ドラゴンフライズ プレーオフ進出!
2017.04.30   チューリップ祭り
2017.01.25   県民公開セミナー
2017.01.15   積雪
2017.01.01   謹賀新年
2016.12.13   HPVワクチン
2016.12.02   神っとる!
2016.11.29   久々の更新
2016.09.15   セントラル・リーグ優勝セレモニー
2016.09.10   カープ優勝!
2015.08.06  原爆の日
2015.02.14   感謝
2015.01.15   マンモグラフィ診断支援システム
2015.01.03   謹賀新年
2014.11.07   立冬
2014.09.08   中秋の名月
2014.07.26   広島みなと 夢 花火大会
2014.06.19  カープ3連勝
2014.05.20  還暦
2014.03.14  安全管理
2013.09.21  黙祷

新型コロナワクチン高齢者接種


新型コロナワクチンの高齢者への接種が始まります。
しかしながら、3月から始まった医療従事者へのワクチン接種はまだまだです。
私自身もまだ接種していない状況です。
当院は連携施設として周辺の医療機関の医療従事者へのワクチン接種をするようになっていますが、ワクチン供給がいつ来るのかも全く分かっていない状況です。また、ワクチン解凍後5日以内、希釈後6時間以内に接種が必要で、1バイアルあたり5〜6名分になりますので、端数を生じて廃棄しないように人数調節も大変です。
4月5日から大阪府、兵庫県、宮城県、さらには東京都、京都府、沖縄県が追加で蔓延防止等重点措置が適用され、第4波の感染拡大は広がるばかりです。
早くワクチン接種が充足し、集団免疫ができることを祈っています。
米国のデータサービス会社CEICが各国のワクチン接種率を出しています。
4月初旬の接種率は世界全体の平均で100人のうち8.53人で、英国は54.3人、米国は49.3人です。
日本はどうかというと、、、、0.87人です。何と、世界平均の1/10の接種率です。
この違いはワクチン調達力の差、すなわち国産化に成功しているか否かだそうです。
医療先進国と思っていましたが、緊急事態に即座に対応できる体制ではなかったようです。
現在の供給量の少なさを見ると、高齢者接種が始まっても予約も取れない状況となりそうです。
当院でも高齢者接種の検討をしていますが、予約確認の電話でパンクするのではないかと気をもんでいます。
1年前のマスク不足の時も、中国からの輸入頼みのためマスクが入手できずに混乱しました。
同じような混乱が起きそうな気がします。
非常時は自国優先になって当たり前です。
非常時には自国で生産できる体制が取れるような政策が必要と思います。

最近の日本での発生状況をみると、変異ウイルスの感染が目立ってきています。
変異ウイルスにワクチンが有効なのか、十分なワクチン供給がいつ行われるのか、心配が尽きません。
 2021年4月12日

65歳以上の方へ新型コロナワクチン接種のお知らせ(厚生労働省)

このページの先頭へ

Thank You!


松山英樹プロがマスターズ制覇しました。
優勝セレモニーのスピーチで「この素晴らしいオーガスタナショナルでここに立てることをうれしく思っている。ファンの皆様ありがとうございました。Thank You! オーガスタナショナルのメンバーの皆さまありがとうございました。Thank You!」とThank You!で感動をを誘いました。
実況中継の中嶋常幸プロは感極まっての涙声での中継でした。中嶋プロの本物の涙声に多くの方がもらい泣きしたと思います。
マスターズ日本人33人、のべ132度目挑戦での日本人初優勝です。
前回の池江璃花子選手のブログでも述べましたが、松山英樹選手もこれまでの絶え間ない努力を積み重ねての結果です。初出場は東北大震災の年で、東北福祉大からアマチュアで出場し、ローアマのタイトルを獲得しました。東北の方々を激励することも含めて、この10年間を懸命に努力されたのだと思います。
本当におめでとうございます。
結果はすぐには出なくても、あきらめずに努力を続けることは大切ですね。

それに加えて、早藤将太キャディーの行動が称賛を受けています。優勝が決まったあと、18番のカップのピンを戻した後に、帽子を取ってコースに一礼した姿が称賛を受けています。
「日本人はとても威厳があり、敬意を表する人々だ」「名誉と尊厳は日本文化に根付いている」と称賛のコメントが相次いでいます。
アジア人差別が社会問題となっているアメリカにおいて、不必要なアジア人への憎しみが多くあった年に松山英樹選手がマスターズに勝ち、日本人の何事にも敬意を表する精神を知ってもらえたのは良かったと思います。

松山英樹プロと早藤将太キャディーに、Thank You!!!
 2021年4月12日


このページの先頭へ

努力は必ず報われる!!


東京オリンピックの選考会を兼ねた日本選手権100メートルバタフライで、池江璃花子選手が優勝しました。
東京オリンピック400mメドレーリレーへの出場が決定です。
2019年2月に白血病を公表してからまだ2年しか経過していません。
白血病治療では、白血病細胞をやっつけるための徹底的な抗がん剤治療と造血幹細胞移植を受けられました。10か月の闘病生活で体重も15Kg落ちたそうです。本当に辛くて苦しい闘病生活だったと思います。
闘病生活を経て昨年3月にはプールに戻りましたが、筋肉は削げ落ちており誰もが本日の優勝を予測できなかったと思います。
この1年間は想像を絶するほどの懸命な努力をされたのだと思います。
「努力は必ず報われる」と優勝インタビューで話されていました。
試合会場に入る時に「ただいま」と呟いた池江選手の口元が印象に残っています。
本当に、「おかえりなさい!!!」

聖火リレーも始まり東京オリンピックの準備が整いつつありますが、新型コロナウイルス感染の流行が心配です。
現在のワクチン接種状況をみると、ワクチン接種による集団免疫の獲得はオリンピックには間に合いません。
感染第4波の拡大や、変異ウイルスの感染拡大が生じると、オリンピック開催は困難となります。
この1年間の池江選手の努力をオリンピック中止で無駄にすることはできません。
池江選手の努力に報いるように、私達もコロナウイルスと闘いましょう!
 2021年4月4日

このページの先頭へ

コロナ第4波


緊急事態宣言解除後から全国各地で新型コロナウイルス感染者が増加傾向にあります。
特に気になるのが、変異ウイルスによる感染が増えていることです。
日本ではワクチンは普及しておらず、私自身もまだ接種できていない状態です。
また、変異ウイルスに対してのワクチンの有効性も確認できていません。
フランスでは新型コロナウイルス感染者急増で全国的なロックダウンを開始するようです。
アメリカでは新型コロナウイルス感染による死者が50万人を超えており、ワクチン接種が進んでいるにも拘わらず感染者や入院患者数が増加しています。疾病対策センター(CDC)所長が、「これから大変なことになる。」と警告しています。
広島でも1桁台であった感染者数が2桁台に増加しています。
確実に第4波が押し寄せています。
ワクチン接種による集団免疫により落ち着くかと期待していましたが、第4波が本格化するとワクチンは間に合いませんし、変異ウイルスに対する効果も分かりません。
第4波を確実に抑え込む必要があります。
桜も満開となり、気温も上昇して何となくウキウキした気持ちになりますが、決して「気を緩めないで!!!」。
ここで気を緩めると、本当に大変なことになります。
 2021年4月1日

このページの先頭へ

世界ダウン症の日


3月21日は「世界ダウン症の日」でした。
元野球選手、横浜ベイスターズ監督のラミレス氏の長男のケンジ君がダウン症候群です。
妻の美保さんが、家族のほのぼのとした様子をブログに載せています。
分娩直後にダウン症候群と知り衝撃を受けている美保さんに、ラミレス氏は「wowこれって誇らしいことだね。すごく嬉しい。神様から僕たちのところに選ばれてダウン症という宝物が届いたんだよ。大切に育てようね。」と言われたそうです。
自己紹介長男編A〜ケンジの性格〜
ケンジ君と次男・長女を愛情いっぱいで育てているラミレスファミリー、とっても素敵な家族です。
そして、「みんな違ってみんないい!!」それぞれの個性を何の偏見もなく受け入れる社会になったらいいですね。
今日公園で、ケンジに起きたこと
 2021年3月25日

世界ダウン症の日のために作られた動画

このページの先頭へ

9価HPVワクチンの副反応について


9価HPVワクチン(シルガード9)の副反応について、今までの2価(サーバリックス)・4価(ガーダシル)ワクチンと差があるのかの質問をよく受けます。
今までの2価・4価ワクチンと比較して、副反応に大きな差はありません。
具体的な副反応の発症頻度については、質問のページの婦人科Q&AのQ15.HPVワクチンの副反応についてに掲載しています。
接種回数も6か月で3回と同じです。
大きな違いは、9価ワクチンはHPV6,11,16,18,31,33,45,52,58の9つのHPV型の感染を予防し、子宮頸癌の原因となるHPV感染の約9割が予防できます。一方、2価・4価ワクチンは子宮頸癌の原因となるHPV16,18型の感染を予防しHPV感染の約7割が予防できます。この2割の違いをどうとらえるかだと思います。
また、2価・4価ワクチンは定期接種に組み込まれており、小学校6年生〜高校1年生相当の女子では無料で接種できます。
一方、9価ワクチンは定期接種に組み込まれておらず、費用は各自で自己負担となります。
対象年齢はいずれも9歳以上となっています。
早く、9価ワクチンが定期接種に組み込まれることを願っています。
 2021年3月24日

このページの先頭へ

9価HPVワクチン全例登録


今月に入り、9価HPVワクチン(シルガード9)を接種された方が既にいらっしゃいます。
子どもの健康を願う保護者の思い、自分の健康を願う接種を受ける方の思いを嬉しく感じています。

2021年2月18日のブログにも記載しましたが、接種するにあたり「HPV全例登録」が必要です。
接種前に接種を受ける方の予診票入力内容が私のPCで確認できないと接種できません。
この予診票入力内容の確認が私のPCで確認できないことが多く、再度入力していただくことが多いです。
接種当日の体調についての予診ですので接種当日に入力していただくことになりますが、予め「ワクチンQダイアリー」の利用登録をしておいた方がスムーズに進みます。
下の「ワクチンQダイアリー」をクリックすると説明書が表示されますので、これを参考に接種を受けられる方は利用登録してください。
登録にあたり、「スマートフォン、タブレット端末」と「Eメールアドレス」が必須となります。
未成年等でアドレスのない方は、保護者の端末・アドレスをご利用ください。

当院受付にも9価HPVワクチンについての問い合わせが入っています。
HPVワクチンについて、真剣に考えている方が増えてきたことを嬉しく思います。
1日も早く9価HPVワクチンが定期接種に組み込まれ、わが国で子宮頸癌で苦しむ女性が1人でも少なくなくなることを願っています。
 2021年3月18日

ワクチンQダイアリー

このページの先頭へ

新型コロナワクチン


広島県内でも新型コロナワクチン接種が開始されました。
当院は連携型接種施設として登録をしており、医療従事者へのワクチン接種の準備をしています。

2021年1月25日のブログでも述べましたが、Pfiaerワクチンが95%、Modernaが94%で発症予防に有効というデータが出ており、インフルエンザワクチンの予防効果が50~60%程度ですので、効果はかなり期待できます。
また、ワクチン接種により集団免疫が得られる可能性も期待できます。

新型コロナワクチンについては、アナフィラキシーの発症が最も問題となっています。
幸いというべきかワクチン後進国のわが国では、諸外国のワクチン接種に伴う様々なデータが活用できます。
アナフィラキシーの発症頻度については、100万患者あたりの発症率がPfizerワクチンが11.1、Modernaワクチンが2.5となっています。
インフルエンザワクチンが1.35ですので、インフルエンザワクチンと比べると2倍から10倍の発症頻度です。
しかしながら、23価肺炎球菌ワクチンが2.48、A型肝炎ワクチンが3.38、帯状疱疹ワクチンが9.60ですので、極端に発症率が高いわけではありません。
抗生物質のペニシリンが4590、セファロスポリンが610、マクロライドが380、解熱鎮痛剤のNSAIDsが1300ですので、我々が日常でよく使う薬剤よりもはるかに低い頻度です。
また、アナフィラキシーについてはアドレナリン投与等の適切な対応をとれば、先ず救命できます。

また、メディアやネットでは様々なデマ情報が流れています。
1)通常のワクチン臨床試験は認可を受けるまでに年数がかかるが、今回は1年かかってないため安全性に問題がある。
Pfizer、Modernaともワクチン開発前臨床試験、第1相試験、第2相試験、第3相試験のプロセスを経てワクチン認可を受けており、認可に必要なプロセスは全く省略されていません。パンデミック下での研究者・企業の懸命な努力の賜物と思います。
2)ウイルス遺伝子が自分の遺伝子に入り込む。
ワクチン中の遺伝子がヒトの遺伝子に組み込まれることはあり得ません。
コロナウイルス遺伝子の一部のトゲの部分のみを取り出し、ヒトの細胞にトゲを作らせて免疫を付ける仕組みですので、遺伝子の一部を入れただけでコロナウイルス遺伝子が自分の細胞内に取り込まれることはありません。
またトゲのコピーのmRNAは不安定で、数分から数日以内に分解されます。
3)接種開始後間もないため、未知の重い副反応が今後発見される。
仮に未知の重い副反応が今後発見されるとしても、接種して1か月以内に発見されるその確率は10000分の1未満と計算されます。
一方、新型コロナ感染にかかる確率は1か月あたり1200分の1です。
極めて稀におこる副反応を心配するのと、副反応よりもはるかに頻度が高く重症化すると命を落とすかもしれない感染を予防するのと、どちらを選択するかということになります。

その他にもいろいろな科学的根拠に基づかないデマと言っていいような意見が氾濫しています。

メディアやネットでの科学的根拠に基づかない意見に惑わされないようにしましょう。
科学的根拠に基づく正確な医学論文の知識に基づいた判断をしましょう。
正確な知識を取り込みにくい人は、本物の専門家の意見を聞きましょう。本物の専門家は日常臨床で多忙を極めており、昼間からメディアに出演する暇はないように思います。

コロナワクチン接種に関しては強制するものではありません。
利益・不利益を天秤にかけて、正しい知識のもとに利益が上回ると判断したら接種を受けるようにしましょう。

もちろん、私は私自身への感染を防ぐとともに、集団免疫獲得による社会・経済の復帰という要素も含めて、早く接種を受けたいと望んでいます。無論、私は家族にも強く接種を勧めます。
 2021年3月10日

新型コロナワクチンについて(厚生労働省)
新型コロナワクチンについて(首相官邸)
新型コロナウイルス感染症(日本感染症学会)
日本ワクチン学会
新型コロナワクチンについて(国立国際医療研究センター病院)

このページの先頭へ

国際HPV啓発デー


3月4日は「国際HPV啓発デー」です。
国際パピローマウイルス学会(IPVS)は、毎年この日に全世界90以上の団体・組織と提携し、HPVについての知識を普及させる啓発活動を行っています。
2021年は、「HPVについて知ろう。HPVはみんなで撲滅できる」がテーマとなっています。
世界の多くの国では、女子へのHPVワクチン接種率が7〜8割が当たり前となっていますが、残念ながら日本での公費接種率は1%未満です。
また9価ワクチンも発売されたのに、定期接種に組み込まれる動きはありません。
副反応が問題となっていますが、HPVワクチンを接種する年代では機能性身体症状と呼ばれる慢性疼痛や起立性調整障害を含む多様な症状が出やすい年代です。ワクチンの成分とは因果関係がない症状と考えられています。また、何らかの不調が出た場合は、専門医による心身のケアがなされる体制が整っており、適切な対応によりかなり症状が回復することも期待されます。
HPVワクチンの副反応だとしてメディアは大々的に報道しましたが、ワクチンの成分とは因果関係がないことや日本だけが極端に接種率が低い現状を報道するメディアはありません。
HPVワクチン接種と子宮がん検診を受けることで子宮頸癌が確実に予防できる時代となっているのに、日本では未だに毎年多くの子宮や多くの女性の命が子宮頸癌により奪われています。
3月4日の「国際HPVデー」をきっかけに、HPVワクチンについて家族、パートナー、友人と話し合い、みんなで子宮頸癌による悲劇を食い止めることができるように願っています。
新型コロナウイルスについては毎日メディアで取り上げられていますが、HPVウイルスも世界中に広がっておりパンデミックの状態です。それなのに、メディアではHPVウイルスについては全く取り上げられません。
我々は、HPVワクチン接種によりHPVウイルスに関連した癌による死亡を防ぐ方法を持っています。
HPVワクチンという強力な武器を有効に使っていない日本の現状が残念でたまりません。
「周りに接種している人がいないから」、「子供が痛がるのがいやだから」、「副反応が心配だから」等の理由でHPVワクチンを接種しない人をたくさん見てきました。
中学生女子の保護者におかれましては、もう一度お子様の将来の健康や命について真剣に考えていただきたいと思っています。
このブログにおいても今まで情報を発出しています。様々な意見がありますが、判断するに当たっては科学的根拠に基づいた信頼できる情報での判断をお願いしたいと思っています。
当院のリンクページでも紹介していますが、「みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト」もお勧めです。
 2021年3月4日

みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト

このページの先頭へ

シルガード9の接種について


9価HPVワクチン「シルガード9」の接種方法についての詳しい情報がはいりました。
接種に際しては、被接種者の全例登録が必須となっており、登録にご同意いただけない場合は接種ができません。
具体的には、接種を受ける方は「ワクチンQダイアリー」への登録が必要です。登録には「スマートフォン、タブレット端末など」と「Eメールアドレス」が必須となります。未成年等で端末やアドレスのない方は、保護者の端末、アドレスを利用していただくこととなります。
「ワクチンQダイアリー」の新規利用登録・ログインをしていただくことで、利用可能となります。
ワクチンQダイアリー
インストールすると予診票に入力できる状態となりますので、接種当日の体調などを接種する前に当院にて入力していただきます。
予診票入力後、診察室で医師とともに入力内容を確認してからワクチン接種を行います。
ワクチン接種後は、医師により接種部位、接種日時の登録を行い、被接種者が「ワクチンQダイアリー」にて次回接種予定日を送信し医師のほうで接種予定日を確認できたら登録完了となります。

このように世界で当たり前に接種している9価HPVワクチンを、日本では厳格な監視活動のもとでないと接種できません。
また、定期接種にも組み込まれず、9価ワクチンの接種を受ける場合は自費で全額自己負担となります。
ますます、他国と比べると遅れた子宮頸がん予防対策となっています。
 2021年2月18日

このページの先頭へ

9価HPVワクチン発売決定


2021年2月24日に9価HPVワクチンが発売されることが決まりました。
商品名は「シルガード9」となっています。
しかしながら、強化安全監視活動のため、接種に際しては接種者および被接種者の全例登録が必要となります。
世界的に主流となっている9価ワクチンが、日本では厳格な管理のもとでないと接種できないようです。
当院では、定期接種予定のお子様の保護者の方に9価ワクチンが出るまで待つように説明していましたが、定期接種に組み込まれるのはまだまだ先のようです。

新型コロナウイルスワクチン接種もG7の中では日本だけが開始されていない、世界的に主流となっている9価HPVワクチンが定期接種に組み込まれないなど、日本のワクチン行政に疑問を抱きます。
日本の予防接種制度は、先進国・中進国の中で最低レベルの気がします。

9価ワクチンが日本でも発売になったのは朗報ですが、定期接種に組み込まれ子宮頸がんを撲滅できる日が来るのは遠い将来のようです。
 2021年2月9日

このページの先頭へ

ワクチン報道


来月から日本でも新型コロナウイルスワクチン接種が始まろうとしています。

一部の報道で、「現役医師の38.8%が打ちたくない」「女子高生60%超がコロナワクチン受けたくない」などのいたずらに不安を煽るような記事が出ています。
HPVワクチンの副反応の報道と同じ状況です。副反応の報道により、HPVワクチンの接種率は極端に低下しました。摘出しなくてよかった子宮や多くの女性の命が子宮頸がんにより奪われています。
十分な情報提供によるアンケート調査や、科学的根拠に基づく報道をするべきではないでしょうか。

新型コロナウイルス感染症に対しては、現在のところ治療薬はありません。
毎日、多くの感染者が出ており、重症化して命を落とす方も出ています。
重症者を治療している病院では、医療従事者が懸命に奮闘されていますが現場は逼迫した状態となっています。
3密を避けることである程度の個人の感染防御はできますが、日本国内全体の感染を防御するためには集団免疫を得るしかありません。
ワクチン接種により集団免疫が得られる可能性が期待できると思います。
ファイザー製ワクチンが95%、モデルナ製が94%で発症予防に有効というデータが出ています。インフルエンザワクチンの予防効果が50〜60%程度ですので、効果は期待できそうです。
新型コロナワクチンは、mRNAワクチンという新しい技術を用いたワクチンです。
新技術によるワクチンのため副反応が心配な気持ちはよくわかります。
どのようなワクチンでも100%安全なものはありません。軽微なものも含めると殆どの人に何らかの副反応は起こりえます。
最も心配な副反応はアナフィラキシー反応です。新型コロナウイルスワクチンでは10万人に1人に起こるようです。一般的なワクチンが100万人に1人とされており、アレルギー反応を起こす確率はやや高いようです。しかしながら、ペニシリンアレルギーが5000人に1人ですので、決して頻度が高いわけでは無さそうです。

新型コロナウイルスワクチン接種に関しては国は「推奨」は出しますが、接種義務はありません。
利益・不利益を天秤にかけて、利益が上回ると判断したら接種するようにすればよいと思います。
ちなみに私は、、、躊躇なくワクチン接種を受けます。
 2021年1月25日

このページの先頭へ

子宮頸がんで亡くなった妻の想い


BuzzFeedNewsに6歳の娘さんを遺して子宮頸がんで亡くなった方の記事がありました。
子宮頸がんは子育て世代の30歳代後半に発症のピークがあり、「マザーキラー」と言われています。
「育児も仕事もこれからという時にいきなりがんを告げられ、無念のままこの世を去るなんて残酷な病気です。妻の学生の頃はHPVワクチンはなかったので仕方ないですが、検診を毎回受けていても早期発見できなかった。もしワクチンがあったらと考えざるを得ません。」と夫が述べられています。
記事にあるルミ子さんのように悔しく悲しい想いをする母親を一人でも減らしたいです。
日本ではHPVワクチンが定期接種に組み込まれ公費で接種を受けることができるのに、接種率は非常に低い現状があります。
私自身も数年前までは広島市西区の公開講座等でHPVワクチン接種の重要性を話していましたが、この数年間はそのような機会も無くなりました。
現在はSNS等で色々な情報が得られる時代になりました。
このブログにおいて今まで何回もHPVワクチンの情報を発信しています。
情報の中には色々な意見もありますが、科学的根拠に基づく正確な情報により判断していただきたいです。
 2021年1月6日

BuzzFeedNewsの記事
「もうちょっと生きたかった」「みんなのそばにいたかった」 二人の娘を遺して子宮頸がんで亡くなった妻の想い
子宮頸がんで苦しむ人がいなくなるように 妻の思いを受け継ぎ始める活動

このページの先頭へ

謹賀新年


明けましておめでとうございます。
今年の初日の出は雲がかかり拝めないかと思いましたが、ちょうど雲が途切れて拝むことができました。
昨年は新型コロナウイルス感染症で大変な1年でした。
今年はワクチン接種も開始され、何とか終息してくれるように願っています。
皆様にとりまして、よき1年となりますように。
 2021年1月1日


このページの先頭へ

コロナ最前線


当院は本日が仕事納めです。
今年は新型コロナウイルスで大変な1年でした。
しかしながら、コロナウイルス最前線で闘っている医療施設に仕事納めはありません。
昼夜を問わず、また年末年始も関係なく最前線で闘っている医療従事者の皆様に、頭が下がります。

本日、BuzzFeedから「コロナ最前線、患者と医療従事者のリアルをカメラに収め続ける写真家の想い」が公開されました。
写真を見れば、患者はもちろんのこと医療従事者の苦しみもよく分かります。
言葉は要りません。

日本でも重症者が増え続けています。
本日は羽田雄一郎参議院議員が53歳の若さで、コロナウイルス感染のため突然に逝去されました。
感染しても全く無症状の方がいる一方で重症化して命を落とす方もいます。
重症者の出現を避けるためには、感染拡大を防止するしかありません。
感染拡大を防止するためには、極力人と会わないのが一番です。
年末年始はなるべく外出を避けて、stay homeで過ごしましょう。
 2020年12月28日

BuzzFeedの記事
コロナ最前線、患者と医療従事者のリアルをカメラに収め続ける写真家の想い

このページの先頭へ

ばかたれーっ!!


広島県観光連盟から東京の広島人へメッセージ広告が出ました。
私も関東にいる友人と会えない1年間でした。
私の息子は今年の4月から大阪で働いていますが、私自身も大阪へ一度も行けていない状況です。
広島県ではコロナ感染者が急増しており、広島県医師会と広島市医師会は「大規模災害に匹敵する緊急事態。病院が次々に診療を縮小し、手術を中止せざるを得ない状況にあり、医療は崩壊し始めている」と訴えています。
来年が幸せな1年となるためには、コロナウイルスの感染拡大を何としても防ぐ必要があります。
不要不急の外出を避けましょう。
本当に、コロナウイルスの「ばかたれーっ!!」

以下、広告のメッセージ文です。

ばかたれーっ!!
ふーっ、ふーっ・・・・・いきなり取り乱して大変失礼しました。広島県観光連盟です。実はわたしたち、東京に住む同郷のみなさんへ、「帰っておいで」と帰省応援のメッセージをお届けする予定でした。でもまたコロナウイルスのせいで、お蔵入りに・・・・・。一体いつになったらみんなに安心して帰っておいでと言えるのか。本当に寂しくて、悔しい想いです。だから、今回ばかりは叫ばせてくれませんか。コロナウイルスのばかたれーっ!!わしらは負けんけえー!!!!・・・って。東京に暮らしている広島人のみなさん、なかなか会えんのは寂しいけれど、こっちはこんな感じで元気にやっとるよ。みなさんの帰る場所は、絶対、無くなりゃあせん。じゃけぇもうひと踏ん張り、一緒に頑張ろうや。また会えるのを、待っとるけぇ。

 2020年12月22日

このページの先頭へ

今、妊娠中のみなさんに伝えたいこと


日本産婦人科医会から「今、妊娠中のみなさんに伝えたいこと」のリーフレットが出ました。
妊娠中の方の新型コロナウイルスに感染する割合は、一般の人に比べて低いと報告されています。
これは妊婦自身が胎児への影響を考慮して普段から十分に感染予防に努めていることが主因と思います。
また、妊娠中期の感染が多く、60%が家庭内感染ということです。
妊婦自身の予防対策も大切ですが、同居する家族の方々も家庭内にウイルスを持ち込まないように十分にご注意ください。
妊婦の方が重症化することは少なく、新生児への感染も国内では報告されていないとのことですが、感染を起こさないのがベストです。
不要不急の外出を避ける、三密を避ける、手洗いを励行する、家庭でも換気に気を付けるようにしましょう。
 2020年12月15日

今、妊娠中のみなさんに伝えたいこと(日本産婦人科医会)

このページの先頭へ

魂の演説


広島でも新型コロナウイルス感染者が激増しています。
全国でも重症者が増加しており、医療崩壊寸前の状態です。
報道をみるとコロナ慣れした若者が街に繰り出している光景を見かけます。
自分では気づかない間にコロナウイルスに感染し、重症化しやすい高齢者に知らない間に感染させてしまうことがあります。
不要不急な外出は避けましょう。

いつもは冷静沈着で知られるドイツのメルケル首相の感情を露わにした国民に警戒を呼び掛ける演説が話題になっています。
12月9日、ドイツでは新型コロナウイルス感染による死者数が過去最多の1日590人に達しました。
メルケル首相は「クリスマス前に多くの人と接触し、その結果、祖父母と過ごす最後のクリスマスになってはならない」と訴えています。
メルケル首相の国民の命を守る強い危機感を持った訴えには感動します。
コロナで過去最多の死者590人、メルケル首相感情あらわに危機訴える
メルケル首相の「魂の演説」を聞け!「勝負の1週間」で浮き彫り、菅首相と雲泥の差
メルケル首相、感情を露わにしてドイツ国民に訴える。「祖父母との最後のクリスマスにしないで」

日本でも不顕性感染のコロナウイルス保有者がどこにでもいる状況となってきました。
人との接触をなるべく控えることが、最大の感染防御です。
経済を守るのも大切ですが、国民の命が守られないと経済も成り立ちません。
菅首相は本日もGoToトラベルの一時停止は考えていないと述べています。
「何としても国民の命を守る」という強いメッセージが日本の閣僚からは伝わりません。
これ以上の重症者を増やさないため、医療崩壊を防ぐため、クリスマスから年末年始にかけての不要不急の外出を避けましょう!!!
 2020年12月11日

このページの先頭へ

朝焼け


今朝の広島湾は雲一つない奇麗な朝焼けでした。
昨夜、大阪府では新型コロナウイルス重症患者を受け入れる病床の使用率が70%に迫ったことにより、「赤信号」が初点灯され不要不急の外出を控えるよう呼びかけることが決定されました。
大阪府だけでなく、全国で医療の逼迫が懸念されています。
経済を守ることも大事ですが、国民の健康が守られなければ経済も成り立ちません。
無症状の感染に気付いていない人が、高齢者などのリスクの高い人へ感染を起こすことが問題となっています。
できるだけ不要不急の外出は避けましょう。
日本国民全員が平穏な気持ちで今朝のような奇麗な朝焼けを眺められる日が早く来ることを願っています。

 2020年12月4日

このページの先頭へ

ステージ2に引き上げ


2020年11月30日、広島県では新型コロナウイルスの感染状況を「ステージ2(感染漸増)」に引き上げました。
毎日のように新型コロナウイルスの新規感染者が報告されています。
日本医師会では、「全国各地で医療提供体制が崩壊の危機に直面している」と懸念を表明しています。
国が公表している各地の病床使用率では余裕があるような印象を受けますが、準備が必要ですぐに使えない病床も含まれています。現場ではギリギリの状態で奮闘しており、既に満床の状態です。
患者数の多いアメリカでは、連続勤務252日の医師が高齢コロ患者を抱きしめる姿が話題になったり、ICU医師が動画でコロナ対策の徹底を訴えたりしています。我が国でもこのような状況になることが差し迫っています。
高齢コロナ患者を抱きしめる医師が話題に、連続勤務252日目
「これが人生最後の瞬間」ICU医師、動画でコロナ対策の徹底を訴え

医療崩壊を防ぐためにも感染予防の徹底が必要です。
3密を避ける、ソーシャルディスタンスを守る等の個人での努力も必要ですが、日本ではGoToトラベルでたくさんの人の移動がありました。
政府は延べ4000万泊超の利用に対して感染者が11月26日時点で202人にとどまるとして事業を継続しています。4000万泊を全て検査したわけではありませんし、この数値を俄かに信用することはできません。症状のない感染者が各地に移動し感染を広めた可能性も否定できません。経済支援も大事ですが、GoToキャンペーンが緩みに繋がっています。
経済は何とか戻すことができますが、失った人の命は戻すことはできません。
中川日本医師会長が発せられています。
「コロナに慣れないで。緩まないで。甘くみないで。」
 2020年12月1日

このページの先頭へ

HPVワクチン勧奨中止で死亡4000人増


大阪大学チームから、HPVワクチンの積極的な接種勧奨を厚生労働省が中止し接種率が激減したことで、無料で受けられる定期接種の対象を過ぎた2000~2003年生まれの女性では、避けられたはずの患者が計1万7千人、死者が計4千人発生するとの予測が発表されました。
HPVワクチン接種率の激減によって増加する子宮頸がん罹患。死亡者の推計人数

マスコミによりHPVワクチンの副作用として映像が流され社会問題化しましたが、ワクチンの安全性を巡っては2018年に名古屋市立大学チームが約3万人のデータを解析し、副作用とされそうな24種類の症状の発生率は、HPVワクチン接種群と非接種群の間に優位な差がないというデータが出ています。

接種率が0%近い現状では、今後も同じ年に生まれた女性の中で4千人以上の患者、千人以上の死者の発生が防げなくなるとされています。

当院の保護者の方の中でも、周りに接種している人がいないから、子供が痛いのを嫌がるから等の理由で接種を控えている方がおられます。
小学6年生から高校1年生のお子様がワクチン接種の必要性を自己判断するのは無理です。
何度も申し上げていますが、保護者の方におかれましては、科学的根拠に基づいた判断をしていただきたいと願っています。
当院では、子どもへのHPVワクチンについての話を聞きたいと来院される母親もおられます。
保護者におかれましては、どうぞ遠慮なく相談にお越しください。
当院では、勿論、お子様にも十分にワクチン接種の必要性を説明したのちに接種しています。
 2020年10月24日

このページの先頭へ

HPV感染症に係る定期接種の対象者等への周知


2020年10月9日、厚生労働省健康局健康課長から都道府県衛生主管部(局)長宛にヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種の対象者等への周知に関する具体的な対応等についての文書が発令されました。
ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種の対象者等への周知に関する具体的な対応等について
今までのリーフレットを大幅に改変した内容となりました。

小学校6年から高校1年相当の女子が自己判断で接種を決めることは無理です。
保護者におかれましては、お子様と共にHPVワクチン接種について検討をしてください。
私は、日本から一人でも多くの子宮頸がんで苦しむ女性を少なくしたいと願っています。
また、現在ではHPV16型と18型の2種類にしか効かない2価ワクチンしか接種できませんが、このたび承認された9価ワクチンが1日でも早く定期接種に組み込まれることを願っています。
 2020年10月13日

厚生労働省のリーフレット
小学校6年〜高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(概要版)
小学校6年〜高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(詳細版)
HPVワクチンを受けたお子様と保護者の方へ

このページの先頭へ

HPVワクチンで子宮頸がんの減少が実証


HPVワクチン接種で子宮頸がんが減少したという論文が初めて出ました。
HPV Vaccination and the Risk of Invasive Cervical Cancer

今までは、子宮頸がんの前がん病変である「異形成」を防ぐ効果が確認されているだけでした。
この理由で、子宮頸がんを防いだという効果が証明されていないという批判をする人もいました。
HPVワクチンが浸潤子宮頸がんを防ぐ効果が本格的に実証された世界初の論文となりました。

HPVは性的な接触で感染を起こすため、性経験をもつ前に接種することが有効です。
HPVワクチン接種を受けた全体で63%、17歳未満で接種すると88%のリスク減少が認められました。

当院では、定期接種年齢である小学6年生から高校1年生相当で接種することを強くお勧めします。

2020年9月に広島市健康推進課から発出された「子宮頸がん予防ワクチンの接種について」の文書により9月にワクチン接種される方が少し増えました。
しかしながら、周りに接種している人がいないから、子供が嫌がるからという理由で接種を受けない方が今でも多数おられます。

HPVワクチン接種は筋肉注射のため、接種時の痛みはどうしてもあります。誰でも嫌がります。
当院でも妊娠初期の子宮がん検診で発見された例や、分娩後1年以内にかなり進行した子宮頸がんを発症した例を経験しています。
保護者の方におかれましては、もう一度お子様の将来についてよく考えてみてください。
 2020年10月10日

BuzzFeedの記事

このページの先頭へ

新型コロナウイルス感染症対策


広島県医師会から、家庭でできる呼吸器感染対策「特に新型コロナウイルス感染症対策を中心に」の冊子が出ております。
非常に分かりやすい内容です。
治療薬やワクチンが開発されるまで、上手に新型コロナウイルスと立ち向かう必要があります。
ぜひ、ご一読ください。
 2020年9月23日

家庭でできる呼吸器感染対策「特に新型コロナウイルス感染症施策を中心に」

このページの先頭へ

HPVワクチン接種について広島市からのお知らせ


国の審議会において、接種対象者及びその保護者が子宮頸がん予防ワクチンの接種に係る情報に接する機会を確保し、接種について検討・判断できるように市町村から個別に情報提供するよう示されました。これを受けて、広島市から子宮頸がん予防ワクチンの接種について、接種対象者の保護者宛に情報提供が行われることになりました。
ようやく行政も少しHPVワクチンについて積極的に動いてくれるようになりました。
厚生労働省が、「HPVワクチンは、積極的におすすめすることを一時的にやめています」というあやふやな方針を出しているため、判断に迷われると思います。また、接種が中止されたと誤解されている方もおられます。
HPVワクチンに対する当院の方針は、このブログや婦人科Q&A.のQ13.HPVワクチンについてで示しています。
また、1日でも早くこのたび承認された9価ワクチンが定期接種に組み込まれることを願っています。
現在高校1年生相当年齢の方は、年度内に接種を完了するためには、1回目の接種を9月30日までに行う必要があります。高校1年生の女子の保護者の方は、あと1か月しか猶予がありません。現在、日本では年間約1万人の方が子宮頸がんに罹患し、約2,800人が死亡しています。お子様の将来のことを考えて早急に決断することをお願いします。
 2020年8月28日

子宮頸がん予防ワクチンの接種について(お知らせ)

このページの先頭へ

花火


昨夜、広島湾に花火が上がりました。
花火は、やはり暑い夏の夜の風物詩ですね。
今年は、新型コロナウイルス感染症予防目的で、広島みなと夢花火大会、宮島水中花火大会は中止となりました。
皆で肩を寄せ合って花火を楽しめる日が、早く来ることを願っています。
新型コロナウイルス感染症の第2波は発症数が頭打ちになっている印象ですが、重症者が増えています。
引き続き、気を引き締めて感染予防に努めましょう。
 2020年8月24日



このページの先頭へ

HPV9価ワクチン承認!


HPV9価ワクチン「シルガード9」が正式に承認されました。
今までは子宮頸がんに関するウイルスのうち2種類しか効果が無かったのですが、今後は9種類のウイルスに効果があります。
9価ワクチンが広く接種され、日本から子宮頸がんが無くなることを願っています。
 2020年7月22日

このページの先頭へ

子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために


日本産科婦人科学会のホームページに「子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために」の新しい情報が公開されました。
子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために
当院ホームページの婦人科Q&AのQ13.HPVワクチンについてにおいて日本産科婦人科学会の資料を差し替えました。

現在、日本では新型コロナウイル感染に加えて豪雨による被害がいたるところで出ています。
命を守る行動をとっていても、自然の力にはかなわないこともあります。
命を落とされた方、被害にあわれた方に心よりお悔やみ申し上げます。
新型コロナウイルスについては、残念ながらまだワクチンも特効薬も開発されていません。
もうしばらくウイルスと共存しながら闘う日々が続きます。

しかしながら、HPVウイルスについてはワクチン接種により感染予防ができるという手段があります。
日本では2価ワクチンの認可を受けており、子宮がんの原因となるウイルスの約7割が予防できる状態です。
世界では9価ワクチン主流となっており、9価ワクチンを導入できれば子宮頸がんの9割以上が予防可能できると期待されています。
日本では2020年5月に令和2年度第1回薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会において9価ワクチンの承認が了承されました。近々、日本でも9価ワクチンが導入されるものと思います。
日本では年間1万人が子宮頸がんに罹患し、約2,800人が死亡しています。
ワクチン接種により救える命を守るべきだと思っています。
ワクチン接種後に多様な症状が出ることもありますが、検診だけでは不十分で、ワクチン接種と子宮がん検診を組み合わせることにより、大きな子宮がん検診予防の効果が期待されます。

ワクチン接種に対して、中学生に自己判断を求めるのは無理です。
保護者の方の理解が必要です。
保護者の方には、科学的根拠に基づく判断をしていただきたいと願っています。
 2020年7月10日

このページの先頭へ

緊急事態宣言解除


新型コロナウイル感染症の緊急事態宣言解除となり、徐々に普段の生活に戻りつつあります。
しかしながら、ワクチンや治療薬が開発されて感染を制御できる状態となっているわけではありません。
第2波、第3波といつ押し寄せてくるかわかりません。
東京では1日の感染者数が増加し、職場クラスターも発生しています。
日本では4月、5月のオーバーシュートは回避できましたが、まだまだ油断できない状況です。
WHOはこの1か月で世界的に感染者が急増しており、近く感染者数は1000万人に達する見通しを明らかにしています。
ワクチンや治療薬が開発されるまでは、命を救うためには今できる限りの手段で感染を防御するしかありません。

今も頭から離れない光景があります。
女優の岡江久美子さんの遺骨が自宅に帰られた光景です。
感染防止のために家族は最期に立ち会えない、火葬に立ち会えない状況でした。
係官が遺骨を自宅に運んだのですが、感染防止のために係官と家族が接触しない形での帰宅でした。
係官が玄関先に遺骨を置いて立ち去り、夫の大和田獏さんが家の中から玄関先に置かれた遺骨を引き取りに出られた光景です。
これほど悲しくて切ない愛する人との再会はありません。

油断せずに引き続き感染防御に努めましょう。
 2020年6月25日

このページの先頭へ

アクリル板設置


新型コロナウイルスの感染が拡大しています。
感染予防のため、受付にアクリル板を設置しました。
かなり遅かったと思いますが、安倍首相もようやく緊急事態宣言を出しました。
宣言が出て3週間になりますが、5月連休を迎えるこれからが正念場です。
気を緩めずに不要不急の外出を引き続き控えましょう。
アクリル板を撤去し、ご来院の皆様と直接顔をあわせて会話できる日が早く来ることを願っています。
 2020年4月24日



このページの先頭へ

緊急事態宣言


本日の参議院決算委員会において安倍首相は「今この時点で緊急事態宣言を出す状況にはないと考えている。」と述べています。
既に東京では医療崩壊一歩手前の状況です。
これ以上に感染者が増えると助けられる命も助けられなくなります。
私権の制限や経済への影響などと言っている場合ではありません。
国民の命を守ることが第一です。
また、「フランスのようなロックダウン(都市封鎖)はできない」とも言っています。
厳格なロックダウンができないのであれば、オーバーシュートが起きたら最後です。
ますます早めのコロナウイルスの封じ込めが必要です。
1昨日から言っているように一刻も早い緊急事態宣言の発出が必要と考えます。
 2020年4月1日

このページの先頭へ

志村けんさん死去


昨夜、タレントの志村けんさんが死去されました。
3月23日に新型コロナウイルス感染が判明してから、わずか6日しか経っていません。
まだまだ芸人として活躍できていたのに、無念だったと思います。
改めて新型コロナウイルスの恐ろしさを知りました。
最も厄介なことは、感染が起きても無症状の人がたくさんいることです。
無症状の人が知らないうちに大切な人に感染を起こし、命を奪うことがあります。
今、私たちにできることは自分への感染を防ぐ、万一感染した場合は他の人に移さないことです。
そのためには、できるだけ人との接触を避けることです。
不要不急の外出は避けましょう。
欧州への卒業旅行から帰国した学生が感染し卒業祝賀会でクラスターが発生したというニュースも流れています。
自宅待機は閉じこもりではありません。なるべく人と接しないことが社会に対する務めです。
本日の自民党の役員会で安倍総理大臣は、「あさって緊急事態宣言をして戒厳令まで出すといったデマが流れているようだが、そんなことは全くない。デマやフェイクニュースに気を付けなければならない。」と仰っておられます。
昨日も述べましたが、安倍総理大臣は一刻も早く緊急事態宣言を出すべきではないでしょうか。
オーバーシュートが起きてからでは遅すぎます。
志村さんには、「もぅ、だいじょうぶだぁ」って復帰していただきたかったな、、、。
 2020年3月30日

このページの先頭へ

桜は来年も必ず帰ってくる


山中伸弥教授による新型コロナウイルス情報発信に、心に響く言葉がありました。
「新型コロナウイルスはすぐそこにいるかもしれないと自覚することが大切です。
桜は来年も必ず帰ってきます。
もし人の命が奪われたら
二度と帰ってきません。」
強く心に残るメッセージです。
特効薬もワクチンもない闘いです。
新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではなく、1年は続く可能性のある長いマラソンだと訴えられています。
甘く見ていて逆にひどいことになってしまうともう取り返しのつかないことになります。
国民全員が覚悟を持って行動に移すことが、多くの命を守ることにつながります。
人権がどうのこうのと言っている場合ではありません。
安倍総理大臣は一刻も早く緊急事態宣言を出すべきではないでしょうか。
 2020年3月29日

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

このページの先頭へ

オーバーシュート


新型コロナウイルス感染症が日本にも確実に入り込んでいます。
いつオーバーシュートが始まるか分からない状況です。
羅漢やイタリアの現状を見ると、何としてでもオーバーシュートを避ける必要があります。
そんな中で昨日はK−1の強行開催がありました。全国から約6500人もの大観衆が集まったとのことです。
いったんオーバーシュートを起こすと、防ぎようがありません。
タイの格闘技であるムエタイの会場で大規模なクラスター感染が発生したのは周知の事実です。
K−1主催者もバンコクで何が起こっているのかを知っているはずで、強行開催を決定したことが残念でなりません。
無観客の試合開催や大会の中止を決定している他のプロ・アマスポーツ団体の努力を台無しにするものです。
政府も大型イベント開催について「慎重な対応が求められる」というような弱腰の姿勢ではコロナウイルスに打ち勝つことはできません。
日本はウイルスに対して警戒心が低すぎます。
経済・経営を守ることも必要ですが、国民の命があっての話です。
不要不急な外出は避けるようにしましょう。
 2020年3月23日

このページの先頭へ

新型コロナウイルス感染症


日本国内で新型コロナウイルス感染症が発生しており、各地で流行しないかと心配しています。
東北医科薬科大学病院感染制御部・仙台東部地区感染対策チームより、市民向け感染予防ハンドブックが出ました。
感染伝播防止のため、咳エチケットを守る、手洗いをする、環境消毒・換気をするを実行しましょう。
 2020年2月26日

新型コロナウイルス感染症 市民向け感染症予防ハンドブック
新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け) 厚生労働省

このページの先頭へ

謹賀新年


令和最初の初日の出は綺麗でした。
今年は東京オリンピックで盛り上がりそうです。
今年1年が皆様にとってよい1年になりますように。
上のデジカメ写真では写っていませんが、下のIphone11の写真では月が写っています。
 2020年1月1日




このページの先頭へ

化石賞


マドリードで開かれている第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)で、世界の環境団体でつくる「気候行動ネットワーク」は日本を「化石賞」に選びました。
これは地球温暖化対策に後ろ向きな姿勢を示す国に贈られる賞で、不名誉なものです。
梶山経済産業大臣の「石炭火力発電所は選択肢として残していきたい」の発言を受けたもので、脱石炭にかじを切りつつある世界に反する発言で、科学を完全に無視した発言とされました。
資源の少ない日本で電力を作るのは大変なことですが、豊かな自然を守る、地球を守る姿勢は必要です。
昨日の朝焼けも奇麗でした。
私たちの子孫が豊かな自然に保たれた地球で生きることを願っています
 2019年12月5日



このページの先頭へ

ローマ教皇の広島訪問


ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が訪日されました。
11月24日に東京→長崎→広島→東京と過密なスケジュールで移動されました。
各宗派の代表者、被爆代表者の方々と一人ひとり丁寧に挨拶されていたのが印象的でした。
スピーチのお言葉の中に印象に残る言葉がたくさんありました。

「ここで大勢の人が、その夢と希望が、一瞬の閃光と炎によって跡形もなく消され、影と沈黙だけが残りました。一瞬のうちに、すべてが破壊と死というブラックホールに飲み込まれたのです。そしてその瞬間は、この国の歴史だけでなく、人類史に永遠に刻み込まれました。」
「人々は現代社会で不安と苦悩を抱えてさまざまな緊張に直面しています。それは、人類の共生を脅かす不平等と不正義、私たちの共通の家である地球を思いやる能力の欠如、絶えることのない武力の行使などです。」
「戦争のために原子力を使用することは、犯罪以外の何物でもありません。人類とその尊厳に反するだけではなく私たちの地球の未来のあらゆる可能性に反します。」
「平和について話すだけで、何一つ行動しなかったこと、次の世代の人々が私たちの失態を裁く裁判官として立ち上がるでしょう。」
「戦争のための最新鋭で強力な兵器を製造しながら、平和について話すことなどどうしてできるでしょうか。」
「武力の論理に屈し、対話から遠ざかってしまえば、一層の犠牲者と廃墟を生み出すことが分かっていながら、武力が悪夢をもたらすことを忘れていますのです。」
「紛争の正当な解決策として、核戦争の脅威で威嚇することに頼りながら、どうして平和を促すことができるでしょうか。真の平和とは、非武装の平和以外にありえません。」
「過去を思い出し、ともに歩み、そして守る。この3つの行動こそが倫理的に最も重要であり、特にここ広島ではより一層強く、普遍的な意味を持つのです。そして、この3つの行動こそ、平和への真の道を切り開く力があるのです。」
「現代と将来を生きる世代が、ここで起きた出来事を忘れてはいけません。その過去を記憶にとどめておくことが、より正義にかない、兄弟愛にあるれる将来を築くことにつながるのです。」
「私たちが生きる世界は、グローバル化によって結ばれているだけでなく、同じ大地に暮らしているという点でも互いに結ばれています。グループのためだけの利益を追求することよりも、私たち全てに共通の未来を確かなものにするため、責任をもって闘う偉大な人間となることがかつてないほど求められています。」
「原爆や核実験、それに、あらゆる紛争で犠牲となった人たちの代わりに一つの願いを声を合わせて唱えましょう。戦争はもういらない。兵器の轟音はもういらない。こんな苦しみはもういらない。私たちの時代に、私たちのいるこの世界に平和が来ますように。」

どれも重い言葉です。
戦争のない平和な地球となることを願っています。
 2019年11月24日

フランシスコ教皇演説全文

このページの先頭へ

祝賀御列の儀


天皇陛下の即位を祝う祝賀御列の儀が行われました。
本来なら即位礼正殿の儀の10月22日の行われる予定でしたが、台風19号による甚大な被害があり延期されました。
天皇皇后両陛下ともに被害で犠牲になられた方々へのお見舞いのお言葉を様々な場面で発出されていました。
両陛下をお祝いするような秋晴れのさわやかな1日でした。
秋晴れの光が雅子さまのティアラをまばゆいばかりに輝かせていました。また、上品な光沢感のあるローブデコルテも素敵でした。
パレード中の両陛下の笑顔、オープンカーに乗車される前に雅子さまにお声がけをされていた天皇陛下のお姿、途中で涙ぐまれたような雅子さまのお姿も印象的でした。
私の心に最も残ったのは、赤坂御所に到着して下車される際に運転手にお声がけをされていた両陛下のお姿でした。両陛下の優しいお心遣いがにじみ出ていました。
日本国民として生まれてよかったと思われるさわやか1日でした。
 2019年11月10日

このページの先頭へ

ONE TEAM


ラグビーワールドカップ準々決勝、日本ー南アフリカ戦は、3対26で敗れました。
準決勝進出は果たせませんでしたが、様々な困難を乗り越えて日本国民に大きな夢を与えてくれた選手たちの姿に感動しました。桜の戦士たちの勇気と魂を誇りに思います。
試合前の国歌斉唱の時に流した流選手の涙はTeam全員への思い、応援してくれる日本国民への思い、台風で被災された方への思いなど色々な思いが重なったのだと思います。純粋で素敵な涙でした。思わずもらい泣きしました。
 2019年10月20日

このページの先頭へ

ラグビーワールドカップ準々決勝


いよいよ明日はラグビーワールドカップの準々決勝で日本と南アフリカの対戦です。
屈強な選手たちが体と体をぶつけあうのに大怪我をしないのが不思議でしたが、規律を守ってプレイしているからなのだとつくづく感じました。
また、体形、体格、能力に応じたポジションで各自が最大限のパフォーマンスを発揮していることも知りました。
勇気、忠誠心、スポーツマンシップ、規律、チームワークといったものが全て集約されたスポーツだと思います。
また試合後のノーサイドの精神も素敵ですね。
奇しくも明日は私の尊敬する平尾誠二さんの命日です。2018年9月3日のブログで紹介した「人を叱る時の4つの心得」を述べた日本を代表するラグビー選手でした。
日本代表選手たちも平尾誠二さんの思いを胸に明日は正々堂々と闘ってくれるでしょう。
明日の試合が楽しみです。
 2019年10月19日

このページの先頭へ

HPVワクチンンについて


今まで何回もHPVワクチンについてこのブログで触れてきましたが、日本における現状を本当に心配しています。

2013年4月にHPVワクチンは予防接種法に基づき定期接種化されました。
ところがそのわずか2か月後に慢性疼痛や運動障害などの多様な症状が報告されたため、接種の積極的勧奨が中止されました。
これは自治体が接種対象者に、接種時期をお知らせしたり、個別に接種を奨めることを中止したもので、定期接種の位置づけに変化はありません。
積極的勧奨中止から6年半が経過しましたが、いまだに厚生労働省の方に動きはありません。
また、積極的勧奨中止を接種中止と捉えている方がおられます。
当院でもほんのわずかの方しか接種を受けておらず、接種率は接種対象者の1%未満という状況です。
当院近くの自治体担当者から「ワクチンを接種しなくても、子宮がん検診を受ければいいのでは」と説明があったと保護者から相談を受け、自治体担当者の認識が間違っていることに驚きました。
子宮がん検診で子宮頸がんや前がん病変を有する人が検診で陽性を示す割合は50~70%と十分に高くなく、病変があっても異常なしと判定されてしまう可能性もあります。

世界の情勢をみると、HPVワクチンは130カ国以上で承認・接種されています。
これまでに1億7500万本以上が販売されており、安全性について多くの評価がなされています。それらの結論は、HPVワクチン接種は安全であるとされています。
GACVS(ワクチンの安全に関する諮問委員会)では、2013年6月に安全性最新情報を発表し、日本での副反応報告も検討した上で、「改めて安全性を確認した」とされています。
米国CDC(疾病対策予防センター)では、2013年6月にHPVワクチン導入後、ワクチンに含まれるウイルス型の14〜19歳女性における感染率が56%減少した。ワクチンの有効性が集団的免疫効果により予想以上に高い。子宮頸がん発生を防ぐため、「さらなる接種率の向上が重要である」と報告されています。
FIGO(国際産科婦人科連合)では、2013年8月に声明が発表され、HPVワクチンが接種されることを支持されています。
WHOでは子宮頸がんやHPV関連疾患を世界的な公衆衛生上の問題として重要視しており、HPVワクチンを国の接種プログラムに導入すべきであると繰り返し推奨しています。さらには2価・4価・9価のいずれのワクチンも、優れた安全性と有効性を認めています。

日本ではHPVウイルス16・18型の2価ワクチンと16・18・6・11型の4価ワクチンが接種できる状況で、子宮頸がんの60~70%の原因となるHPV16型・18型が予防できます。従って、ワクチン接種をしたから子宮がん検診は受けなくてよいということではありません。
現在ではHPV9価ワクチンが開発されており、HPV6・11・16・18・31・33・45・52.58型を予防することができ、子宮頸がんの原因となるほとんどのHPV型をカバーするため、子宮頸がんを90%以上予防できることが期待されています。残念ながら、日本では9価ワクチンはまだ承認されていません。

中学生の女子が本来なら予防できる子宮頸がんの予防対策がとれるチャンスを失っていることを私は危惧しています。世界の中で日本だけが多くの女性が子宮頸がんで子宮を失ったり命を落とす事態になると危惧しています。

子宮頸がんの予防と撲滅のためには、HPVワクチン接種と子宮がん検診の両者が必要です。
特に中学生女子をお持ちの保護者の方は、子供様の将来のために科学的見地に立った判断をしていただきたいと願っています。

正しい理解のために厚生労働省や日本産科婦人科学会から情報発信されています。
詳しい情報は、よくある質問のページ→婦人科Q&A→Q13.HPVワクチンについてをご覧ください。
 2019年10月7日

このページの先頭へ

カープ9連勝!


広島市西区医師会の行事でカープの観戦に行きました。
大瀬良投手の完投で9連勝!!!
緒方監督の父親が逝去され監督不在の闘いでしたが、チームが一丸となり悲しみに沈む監督に勝利を届けました。
4月の連敗続きの最下位の時にはどうなるかと心配していましたが、1戦1戦を懸命に闘う選手の姿に勇気を貰っています。
 2019年5月22日




このページの先頭へ

令和元年


令和元年初日は曇り空で日の出は見られませんでした。
朝靄に浮かぶ島々が、新しい年号を迎える初日としての厳粛な雰囲気を醸し出していました。
 2019年5月1日



このページの先頭へ

「女性の健康週間」市民公開講座


2019年3月3日に「女性の健康週間」市民公開講座が開かれます。
日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会は、産婦人科医が女性の健康を生涯にわたって総合的に支援することを目指し、3月3日のひな祭りを中心に3月8日の国際女性の日までの8日間を「女性の健康週間」と定め、2005年にその活動を開始しています。
広島県においては、広島県産婦人科医会と広島産科婦人科学会が毎年交互に担当しながら市民公開講座を開いています。
2019年は広島県産婦人科医会が担当で、HPVワクチンの問題点も提起する予定です。
特に中学生までの女児を育児中の方は、自分の健康とお子様の子宮頸がん予防について一緒に考えてみませんか。
 2019年2月12日



このページの先頭へ

特別養子縁組


2月3日に平成30年度広島県里親委託等推進フォーラムが開催されます。
2017年5月26日のブログで新生児里親委託制度について触れましたが、その後も児童虐待の痛ましい事件が続いています。
特別養子縁組の対象者は原則6歳未満となっていましたが、法務省は15歳未満に拡大する方針を固めたようです。
一人でも多くの子どもたちが幸せに暮らせる社会となるように願っています。

特別養子縁組に関する記事がありました。
「本当のお母さんじゃないお母さんなんていない!」
血がつながっていなくても、生活を共にし嬉しいことや悲しいことを共有しながら時間をかけて家族を作っていけば、本当のお母さんですね。

この子は心の中にいた

このページの先頭へ

謹賀新年


平成最後の初日の出も綺麗でした。
昨年は広島県でも西日本豪雨被害等で尊いたくさんの命が奪われました。
今年が皆様にとって平穏で幸せな1年になりますように。
 2019年1月1日



このページの先頭へ

最後まであきらめない


平成最後の大晦日に広島ドラゴンフライズの試合を見に行きました。
第3Qまでは10点以上の点差が開き、今日の試合は負けかなと思っていました。
最終クォーターに入り、怒涛の反撃が始まりました。
そして82-82の同点のまま、最後の残り1.5秒からのセット攻撃で相手の反則をとり、
フリースローで見事に2点を獲得し、84-82での見事な逆転勝利!!!
最後の1.5秒からの得点で、選手たちの最後まであきらめない心に感動しました。
 2018年12月31日




このページの先頭へ

結局、新井は凄かった


日本シリーズは、カープは残念な結果となりました。
本日の中国新聞に「広告主 黒田博樹」で、粋な広告が出ました。
不器用だけど一所懸命に努力する姿でチームを引っ張り、親しみやすくいじられやすいキャラで後輩から「お兄ちゃん」と呼ばれ、カープ家族を作ってくれた新井選手。
「新井さんと共に日本一」の夢はかないませんでしたが、お疲れさまでした。
 2018年11月5日




このページの先頭へ

日本シリーズ


日本シリーズ第2戦を観戦しました。
5対1で、カープの勝利!!!
1勝1分となりました。
この勢いで勝ち進んでもらいたいです。
目指すは、「新井さんと共に日本一!!」
 2018年10月28日




このページの先頭へ

我が家に天使がやってきた


本日、ダウン症である周(しゅう)くんという息子さんを育てている服部剛さんの記事を拝見しました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000001-withnews-soci&p=1

〈「天の賜物」

小児科の医師は
私達の前で
紙をひっくり返し
周の染色体の写真を見せた

「正常よりも一本多いです」

二人で溢れる涙を流した
翌朝
僕は恩師に電話をした

「その一本の染色体に
 天の息吹がこもっています」

「これから僕と嫁さんで
 周が授かった賜物を探します」〉

――「詩集 我が家に天使がやってきた」より

〈「僕等の道」

 ダウン症と知った翌朝
 これからのことを考えようと
 僕は近所の林へ歩いていった
 
 林の中に入り、ふと見下ろせば
 不恰好ないも虫さんは
 にょっきり土の上を
 這っていた

 周よ
 いも虫さんが自分らしく生きるように
 お前はお前のペースで、ゆっくり歩め〉

――「詩集 我が家に天使がやってきた」より

素敵な詩です。

周くんを育てることを通じて、
「命の深遠さを改めて感じた。キラキラして生まれてきた命の輝きを知った」
「周だからこそ出会える人や得られる気づきがある。この子でよかった」
「我が家だけでなく、どこに宿る命も一人一人が天使です」
と述べられています。

素敵な言葉です。

産婦人科の仕事をしていると、出生前診断や人工妊娠中絶の相談を受けることがあります。
一人一人の命を大切に考えたいと思います。

社会においても、全員が違って当たり前、人それぞれにハンディがあって当たり前。
2018年9月3日のブログの平尾誠二さんの人を叱るときの4つの心得にもありましたが、「他人と比較しない」ということは大切なことだと再認識しました。
 2018年10月22日

このページの先頭へ

おぎゃー献金贈呈式


おぎゃー献金贈呈式に出席してきました。
園児たちの可愛い、嬉しい笑顔が素敵でした。
おぎゃー献金について、初めて知る人もいると思います。
詳しくは公益財団法人日母おぎゃー献金基金ホームページをご覧ください。
ご協力をよろしくお願いいたします。
 2018年9月16日



おぎゃー献金贈呈式挨拶
おぎゃー献金ホームページ

このページの先頭へ

風疹について


先日、風しんについて中国新聞から取材を受け、本日、新聞に記事が出ました。
最近、風しんが流行しており、先天性風しん症候群の発生が危惧されています。
妊娠を希望する女性はもちろんですが、家族(主として夫)内や職場内で感染を受けることが多いため、家族や職場全体で感染を防御する必要があります。
よくある質問ページ産科Q&AのQ19.風しんについてにおいても記載しています。
 2018年9月8日

中国新聞の記事

このページの先頭へ

人を叱る時の4つの心得


最近、人の指導についてこんな指導法でよいものなのかと疑問を抱くことがありました。
京都大学iPS研究所所長の山中伸弥教授が、2016年10月に亡くなられた親友である平尾誠二さんに送った弔辞に素敵な言葉がありました。
平尾誠二さんの人を叱る時の4つの心得
1)プレー(行動)は叱っても人格は責めない
2)あとで必ずフォローする
3)他人と比較しない
4)長時間叱らない
平尾誠二さんのような素敵なリーダーに指導を受け、一緒に働けた仲間は本当に幸せと思います。
上の4つは誰もが起こしやすい行動ですが、4つ全部に当てはまる指導を受けるとさすがに人間としての尊厳が失われます。
「怒る」のではなく「叱る」。大事なことですね。
 2018年9月3日

山中伸弥教授の追悼文

このページの先頭へ

夕焼け


梅雨の合間の夕焼け、奇麗でした。
6月18日には震度6弱の大阪北部地震が発生しました。
被害に遭われた方々に心からお悔やみ申し上げます。
自然の力は奇麗な姿を見せてくれることもありますが、容赦ない姿を現すこともありますね。
 2018年6月20日



このページの先頭へ

西城秀樹さん


西城秀樹さんが63歳で死去されました。
私と同い年で広島市出身の方です。
脳梗塞発症後も懸命にリハビリをされ、歌手生活を送っていた姿が忘れられません。
最後まで一生懸命生きることは大事ですね。
衣笠祥雄さん、西城秀樹さんと広島にゆかりの方々が逝去され、寂しいです。
特に西城秀樹さんは同い年ということもあり、人生について考えさせられます。
 2018年5月17日

このページの先頭へ

フルスイング


僕が大切にしているユニホームです。
本日、衣笠祥雄さんが死去されました。
いつもフルスイング、デッドボールを受けても直ぐに立ち上がって笑顔で1塁に向かう姿が忘れられません。
芯の強い、心優しい選手でした。
亡くなる4日前に野球解説をされていました。
人生最後までフルスイング、、、ありがとうございました。
 2018年4月24日



このページの先頭へ

10万個の子宮


2017年12月15日のブログで紹介したジョン・マドックス賞受賞の村中璃子さんのノンフィクション冊子が、2018年2月9日に発売されました。
早速、購入して読みました。
今までこのブログにおいてHPVワクチンの事について触れてきましたが、改めて日本の現状を把握することができました。
この冊子は「サイエンスにもとづき、子宮頸がんワクチン問題の背景と日本社会の闇に切り込んだ、衝撃のノンフィクション。」と紹介されており、まさしく科学的根拠に基づいた知識が得られる良書です。
HPVワクチンについて知りたい方は、本書を読むことをお勧めします。
 2018年2月10日



このページの先頭へ

HPVワクチンに関する情報提供


2018年1月18日、厚生労働省からHPVワクチンに関する情報提供のリーフレットが出されました。
厚生労働省のホームページに掲載されています。
テレビで副反応であると報道された不随意運動は、機能性身体症状と考えられています。ワクチン接種後やケガの後などに原因不明の痛みが続いたことがかる方にこのような不随意運がおこる可能性が高いと考えれますが、ワクチン接種をしていない方にも同様の症状が一定数存在していることが明らかとなっています。
わが国では、子宮頸がんは1年間で10,000人がかかり、2700人が命を落とす重大な疾患です。
HPVワクチン接種により10万人あたり859~595人が子宮頸がんになることを回避でき、また、10万人あたり209~144人が子宮頸がんによる死亡を回避できると期待されると推計されています。
当院においても子宮頸がんにかかられた若い患者様を多数診ています。
ワクチンに限らず薬剤には必ず副反応は出ますが、利益・不利益を十分に考慮して検討してください。
 2018年1月20日

このページの先頭へ

謹賀新年


2018年も素晴らしい1年となりますようお祈り申し上げます。
 2018年1月1日



このページの先頭へ

ジョン・マドックス賞


ジョン・マドックス賞は、公益に資する正しい科学や根拠を困難や敵意に直面しながらも人々に広める努力をした人に与えられるもので、『ネイチャー』の編集長を長期間務めていたジョン・マドックス氏の功績を記念して2012年から続いている賞です。
このたび、京都大学医学研究科非常勤講師の村中璃子先生が受賞されました。先生は、子宮頸がんワクチンの有効性安全性について科学的エビデンスを積極的に発信し続けています。
この受賞をきっかけに、皆様にもう一度子宮頸がんワクチンについて考えていただければと願っています。
 2017年12月15日

特集:子宮頸がんワクチン問題(WEDGE Infinity)
BuzzFeed Newsの記事

このページの先頭へ

産婦人科医不足


12月10日の中国新聞第1面に産婦人科医不足に伴う分娩休止の記事が掲載されました。
産婦人科医不足は深刻な問題で、勤務医の待遇改善のためにも分娩を取り扱う病院の集約化が必要となっています。
昨日は広島大学医学部産科婦人科学教室の忘年会が開催されました。
産婦人科を専攻する初期研修医の紹介がありました。医療訴訟・時間外労働等で敬遠されがちな中で、産婦人科医療を志してくれた先生方に感謝するとともに、今後の活躍を期待しています。
 2017年12月14日

中国新聞記事(2017年12月10日、中国新聞第1面)

このページの先頭へ

HPVワクチン接種の早期の勧奨再開を強く求める声明


2017年12月9日に日本産科婦人科学会より、HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)接種の早期の 勧奨再開を強く求める声明が発出されました。
当院でもHPVワクチン接種を受ける女性は、いなくなりました。
WHOは最新の世界各国における解析結果と科学的根拠に基づき、HPVワクチンの安全性と有効性を繰り返し確認する一方で、日本において若い女性が本来予防し得るHPV関連がんのリスクにさらされている状況を危惧し、安全で効果的なワクチンが使用されていない日本の政策決定を批判しています。
子宮頸がんは、現在、女性の74人に1人が罹患し、340人に1人が子宮頸がんで死亡しています。
科学的根拠に基づいた判断をされて、正しい理解をされることを望んでいます。
 2017年12月11日

日本産科婦人科学会声明(日本産科婦人科学会生命の全文)

このページの先頭へ

ハイドロカルチャー


今まで部屋の中に土を入れると虫がわく心配があり、衛生面から植物を置いていませんでした。
ハイドロカルチャーなら、虫がわく心配もなく清潔に育てられそうなので取り入れてみました。
頑張って育ててみます。
 2017年12月8日



このページの先頭へ

アグラオネマ


映画「レオン」で、ジャン・レノが大事に育てていた植物です。
その植物が気になっていたのですが、アグラオネマであることを知りました。
光沢のある葉に美しい班や模様が入っている観葉植物です。
珍しい品種の アグラオネマ マリア を入手しました。
レオンに負けないように育てていこうと思います。
 2017年12月6日



このページの先頭へ

暖炉


マンション内でも使えるエタノール暖炉を購入しました。
火を見ると、なぜか癒されて落ち着きます。
 2017年11月24日



このページの先頭へ

広島みなと夢花火大会


本日は広島みなと夢花火大会でした。
自宅のベランダで見ました。
終了間際に大雨となり、カープの試合も中断しました。
花火を見ると心が癒されます。
 2017年7月22日




このページの先頭へ

マリホ水族館プレオープン


本日がマリホ水族館のプレオープン日でした。早速、行ってきました。
泳いでいる魚たちの姿を見ると心が癒されます。
「生きている水塊」がテーマで、大人が楽しめる水族館のようです。
本日は子供たちでワイワイと賑わっていましたが、4月から10月までは午後8時まで営業しているので、今度は夜のユッタリした水族館を楽しみたいと思っています。
 2017年6月22日





このページの先頭へ

新生児里親委託


The Silent Scream(沈黙の叫び)というビデオをご覧になったことがありますでしょうか?
人工妊娠中絶反対の活動に向けて作成されたもので、ミスリーディングな内容と批判を受けている部分もありますが、考えさせられる部分もあります。
私自身産婦人科医として人工妊娠中絶に携わらなければならないことがあり、一生の重い宿題として悩みながら過ごしています。
万一予期せぬ妊娠で分娩しても育てることができない、でも授かった命を守ってあげたいと悩んでいる方がいらっしゃれば、里親制度により授かった大切な命を守る方法があります。
特別養子縁組として、実親の監護が著しく困難な場合に実親との関係を法律的に断ち、養父母との間に実親子と同様の関係を成立させる民法上の制度もあります。
広島県では新生児里親委託として、何らかの事情で実親が育てることができない子供を、特別養子縁組を前提として、出産直後から里親に委託する取組があります。
出産後すぐに、赤ちゃんは実親のもとではなく、里親のもとで育てられる制度です。
2017年3月20日に広島県で赤ちゃん縁組推進フォーラムが開催されました。
愛知県でこの取り組みをされている萬屋育子氏が話をされ、多数の里親希望のご夫婦が参加され熱心に聞いておられました。
妊娠したのだけれど育てることができない、でもせっかく授かった命を大事に守ってあげたいとお悩みの方は是非ご相談ください。
 2017年5月26日



このページの先頭へ

広島ドラコンフライズ プレーオフ進出!


本日がB2リーグのレギュラーシーズン最終戦。
プレーオフをかけての大一番の応援に行ってきました。
見事に111-77で勝利!!!いよいよB1昇格をかけてのプレーオフに進出です。
5月13日、14日の島根スサノオマジック戦に2勝すれば、B1昇格です。
 2017年5月7日




このページの先頭へ

チューリップ祭り


世羅高原農場のチューリップ祭りに行ってきました。
「花はみんなをしあわせにする」でした。
 2017年4月30日



このページの先頭へ

県民公開セミナー


女性の健康週間の事業で、県民公開セミナーを開催します。
今年度は初めての試みとして、おぎゃー献金合奏団による素敵なコンサートを企画しました。
素晴らしい音色で心の洗濯をした後で、女性の健康管理について一緒に考えてみませんか?
 2017年1月25日



このページの先頭へ

積雪


広島にも寒波が襲来し、久しぶりに市内でも積雪しました。
本日はセンター試験2日目で、広島の会場では試験開始時間を遅らせていました。
受験生やご家族の皆様は、大変心労したことと思います。
また各地で交通事故が発生しています。
足元や道路凍結に十分注意してお過ごしください。
私自身は、本日は一歩も自宅から出ずにいました。
 2017年1月15日



このページの先頭へ

謹賀新年


明けましておめでとうございます。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
 2017年1月1日



このページの先頭へ

HPVワクチン


2016年11月24日に厚生労働省から見解が出されました。http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/tp161124.html2016年3月16日に発表された池田班の結果に関する見解です。
2016年3月の発表時はメディアから、「子宮頸がんワクチンを打ったマウスの脳だけに神経細胞を攻撃する抗体が作られた」、「子宮頸がんワクチン・国研究班『脳に障害』」などの報道がなされましたが、根拠のないことが判明しました。
今回の「厚生労働省としては、厚生労働科学研究費補助金という国の研究費を用いて科学的観点から安全・安心な国民生活を実現するために、池田班へ研究費を補助しましたが、池田氏の不適切な発表により、国民に対して誤解を招く事態となったことについての池田氏の社会的責任は大きく、大変遺憾に思っております。
また、厚生労働省は、この度の池田班の研究結果では、HPVワクチン接種後に生じた症状がHPVワクチンによって生じたかどうかについては何も証明されていない、と考えております。」との見解に対してメディアがどのように反応するか注視していました。
残念ながら、この見解に対する報道は無いようです。
報道がない限り、この見解を知る国民の皆様は少ないように思います。
WHO(世界保健機関)では本ワクチンの接種を強く推奨しています。
現状のままでは、10年、20年後に世界の中で日本だけが若い女性が子宮頸癌で命を落とす国になりかねないかもしれません。
 2016年12月13日

このページの先頭へ

神っとる!


2016年新語・流行語大賞が「神ってる」に決まりました。
広島カープの鈴木誠也選手の活躍に因んだものです。
広島県人としては、「神ってる」より「神っとる」と言って欲しかったな・・・。
 2016年12月2日

このページの先頭へ

久々の更新


久々にホームページの更新を始めました。
昨年度は3回の入院生活を送り、皆様には大変ご迷惑とご心配をおかけしました。
この経験は患者様の気持ちをよく知る機会となりました。
すっかり元気になりましたので、色々な情報を発信したいと思っています。
先ずは心機一転でホームページをリニューアルしました。
徐々に充実させていきます。
 2016年11月29日

このページの先頭へ

セントラル・リーグ優勝セレモニー


セントラル・リーグ優勝セレモニー 本日はセントラル・リーグ優勝決定後の初めてのマツダスタジアムでの試合でした。
外野席最前列の席で観戦しました。
試合終了後にセントラル・リーグ優勝セレモニーが行われました。
球場全体が熱狂的な大盛り上がりでした。
 2016年9月15日



このページの先頭へ

カープ優勝!


カープ優勝! 本日は、東京に出張でした。
カープがセントラルリーグ優勝をかけて東京ドームで決戦を迎える日です。
雲の合間から富士山が顔を出し、いい予感がしました。
期待通り優勝を決めてくれました。
東京ドームには行けなかったのですが、同じ東京でこの瞬間を迎えられたことに幸せを感じています。
カープ優勝、万歳!!!
 2016年9月10日



このページの先頭へ

原爆の日


広島は70回目の原爆の日を迎えました。
午前8時15分の投下時間に合わせて平和記念式典が開かれました。
安倍首相をはじめ世界各国からも参列され参列国は過去最多の100か国、約5万5千人が参列されたそうです。
改めて核兵器のない世界が1日も早く実現されるよう、戦争のない平和な世界が訪れるように祈っています。
広島市内各地で平和を祈る式典や夜には被爆者慰霊のための灯篭流しも行われています。
マツダスタジアムではカープの選手が全員、背番号86・胸にはPEACE・背中にはHIROSHIMAのユニフォームを着用し、8月6日の思い、平和への思いを胸にプレイしていました。
私の父親は広島駅で被爆しており、私は被爆2世です。
被爆された方々も高齢化し直接話を聞いた被爆2世も高齢化するなかで、次の世代に引き継がれる大切さを痛感しています。
 2015年8月6日

このページの先頭へ

感謝


本日は、バレンタインデー。
スタッフをはじめ普段からお世話になっている方々からプレゼントを頂きました。
一生懸命に選んでくださった思いが伝わり感謝でいっぱいです。
普段からお世話になっている病院の先生方からも、思いの伝わる心のこもったプレゼントをいただきました。
皆様の思いを大切にこれからも頑張ろうと思っています。
 2015年2月14日



このページの先頭へ

マンモグラフィ診断支援システム


マンモグラフィ診断支援システムCAD(Computer Aided Detection)を導入しました。
検出アルゴリズムにより画像を分析し病変部分が検出されることで、より見落としが防止され検出率の向上が得られます。
第2の目を得ることになり、より精度の高い診断が可能となりました。
科学技術の進歩には驚かされます。
 2015年1月15日



このページの先頭へ

謹賀新年


元旦は雪と曇り空のため初日の出を拝むことができませんでした。
1月3日の日の出を見ることができました、
太陽の光と青空と雪景色が見事なコントラストを描いていました。
本年も精一杯努力して地域医療に貢献できるように頑張ろうと決意しています。
 2015年1月3日



このページの先頭へ

立冬


立冬の日の出は神秘的な朝焼けでした。
これから本格的な寒さを迎えます。
よく妊娠中の方からインフルエンザワクチン接種の可否について質問を受けます。
妊娠中にインフルエンザに罹患すると重症化して肺炎になることがあります。
妊娠全期間を通してインフルエンザワクチン接種は可能で、妊娠週数に関係なく接種をお勧めします。
もちろん、妊娠中以外の方のワクチン接種もお勧めします。
 2014年11月7日



このページの先頭へ

中秋の名月


9月8日は中秋の名月でした。
広島湾も綺麗な月明かりで照らされています。
月明かりを眺めていると心が癒されます。
つい3週間前に広島で大規模土砂災害があったことが信じられないような穏やかな月明かりです。
犠牲になられた方々のご冥福と一刻も早い復興を祈っています。
 2014年9月8日



このページの先頭へ

広島みなと 夢 花火大会


自宅からの花火も綺麗でした。
 2014年7月26日



このページの先頭へ

カープ3連勝


本日広島カープの試合観戦に行ってきました.
交流戦に入り9連敗とすっかり貯金を使い果たしてしまいましたが、ようやく復調の兆しが見えて本日で3連勝となりました。あと2試合で苦しかった交流戦も終わります。
交流戦前のセリーグ戦快進撃を期待しています!
カープ初優勝の時は大学生時代で優勝決定当日に山口から広島に帰ってきました。流川で遅くまで見ず知らずの人達と優勝の興奮を分かち合って飲み歩いたことを今でも鮮明に覚えています。
もう一度カープ優勝の美酒に浸りたいと願っています。
 2014年6月19日



このページの先頭へ

還暦


本日、還暦を迎えました。
朝の仕事前にスタッフ全員が集まって、プレゼントしてくれました。
患者さん、スタッフのためにも、もうしばらく歳のことは忘れて頑張ろうと思います。
 2014年5月20日



このページの先頭へ

安全管理


本日午前2時過ぎに広島市で震度4〜5弱の地震が発生しました。
大きな被害は無かったようですが、皆様お怪我はありませんでしたでしょうか。
今まで経験した中では一番大きく揺れを感じました。3月11日の東北大震災の報道等を目にして日頃の準備や心構えが必要だと思っていましたが、わずか3日後に経験し改めて準備の必要性を痛感しました。
我が家ではベッドや本棚が横揺れで移動し、リビングのスピーカースタンドが倒れました。スピーカーが壊れるとともに床材にも大きな欠損を生じました。スタンドを非常に滑りやすい状態で設置していたので自業自得の報いでした。大切にしていたのでショックも大きいですが、怪我が無かったことを幸いに思っています。これを機会に家具類に対しての耐震設置を真剣に考えたいと思っています。
地震に限らず職場の院内でも様々な事故が起こる可能性もあります。医療安全に対する日頃からの心がけも大切です。
医療安全についてもう一度見直して改善点があれば早急に対処したいと思っています。
 2014年3月14日

このページの先頭へ

黙祷


昨日、親友が約1年間の闘病生活の後で人生の幕を閉じました。
入院直前まで診療をし、入院中も退院後も仕事復帰への希望を持ち続けていました。
医師として自分の病状を冷静に把握しながら、最後まで弱音や愚痴をこぼすこともなく覚悟を決めての闘病生活でした。
親友として付き合ってもらったことを誇りに思っています。
生命や人生について身をもって教えてもらいました。
彼の教えを大事にしながら、医療に携わっていこうと決意しています。
 2013年9月21日

追悼文(広島大学医学部産婦人科同門会報に寄稿)



このページの先頭へ

医療法人社団 鈴峰今中医院

〒733-0842
広島市西区井口4丁目2番31号
TEL 082-277-1223
FAX 082-277-1538