マンモグラフィ診断支援システム

マンモグラフィ診断支援システム CAD(Computer Aided Detection) を導入しました。
検出アルゴリズムにより画像を分析し病変部分が検出されることで、より見落としが防止され検出率の向上が得られます。
第2の目を得ることになり、より精度の高い診断が可能となりました。
科学技術の進歩には驚かされます。

2015年01月15日